Fandom


 アンドリア巡洋艦(Andorian cruiser)とは、22世紀においてアンドリア帝国防衛軍において運用されていた宇宙艦である。

 この艦にはワープ・ドライブが備わっており、多数の粒子砲で武装していた。

 クマリ級巡洋戦艦が主力となっていた2150年代においても当艦級の巡洋艦はアンドリア帝国防衛軍において現役で活躍しており、ヴァルカンによるアンドリアへの奇襲攻撃(アンドリアの戦い)では2隻がシレック・シュラン司令官指揮下の艦隊に加わり、その後のロミュラン無人艦による襲撃といった有事(バベル危機)の際にも数隻が戦力として召集され、敵艦と一戦交えることもあった。(ENT:バルカンの夜明けENT: ロミュランの陰謀

付録 編集

背景編集

 アンドリア巡洋艦はヴァラキア亜光速船CGIモデルをベースに、クマリ級巡洋戦艦などのアンドリアの艦船からデザインを一部取り入れて、手を加えて完成させたものである。

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-NC ライセンスの下で利用可能です。