Fandom


 イプシロン119(Epsilon 119)は寿命を終えた恒星2370年ギデオン・セイエティク教授原物質を積んだシャトルクラフトに自ら乗り込んでイプシロン119に突入し再点火させようとした。その試みは成功したが、教授は命を落とした。

 ベンジャミン・シスコ中佐はイプシロン119の再誕について、「輝かしい男にふさわしい最後の業績」とステーション日誌に記録した。(DS9: 愛の幻影

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-NC ライセンスの下で利用可能です。