Memory Alpha
Advertisement

 オルトア7号星(Alture VII)は惑星2369年ディープ・スペース・9クワークホロスイートプログラムの1つにオルトア7号星のプログラムがあった。

 2369年USSエンタープライズDがDS9を訪れた際、ビバリー・クラッシャーはこのプログラムを試したがっていた。(TNG:バースライト・前編

付録[]

背景[]

 脚本で"all-TOUR"と発音することが指示されている。クラッシャーの発音は「オルトー」ないし「オルトア」に近い。

 日本語吹き替え版では訳出されていない。

Advertisement