Fandom


複数の時間軸
(複数の異なる時間軸からの情報)

 ガブリエル・ベル(Gabriel Bell)は、21世紀初期の人物。アフリカ系アメリカ人。21世紀当時サンフランシスコにあった保護区域の住民の一人だった。また、ベル暴動において中心的な役割を果たした人物であり、その後のアメリカ合衆国、ひいては人類の歴史に影響を与えたことで、後世においてもその存在が知られる。

ベル暴動

 2024年9月初旬に保護区域において発生した市民暴動においてマイケル・ウェブと並んで中心的な役割を果たした人物の一人であり、この最中、当時のカリフォルニア州知事に対して、ウェブと共に連邦雇用法の復活と、保護区域の撤廃を要求した。
 その後、警官隊の突入時にベルは射殺されてしまったが、ベルは最後まで人質全員の命を守り抜いていた。
 彼らの死後、保護区域での実態が外部の人々にも知られるようになって世論が動き、それまでの100年に渡って累積していた失業者と雇用の問題にようやく終止符を打たせた。
 そのため、後世では21世紀の歴史に大きな影響を与えた人物として記憶され、前述の市民暴動は彼に因んで『ベル暴動』と呼称されるようになる。

別の時間軸

 2371年宇宙艦隊士官であるベンジャミン・シスコジャッジア・ダックスジュリアン・ベシアの3人は、ガンマ宇宙域に関するシンポジウムに招待され、地球のサンフランシスコに転送降下を行なったが、2024年タイムスリップしてしまった。
 この原因はディファイアントのアブレーティブ装甲に、遮蔽装置使用の副産物である分極化したクロニトンの分子が付着、さらにこれに太陽からの放射線と転送ビームが作用したことで、タイムスリップを引き起こした。
 シスコとベシアは失業者とみなされて当時のサンフランシスコに存在した保護区域に収容されてしまったが、2024年8月31日の夜、B.C.という男が率いるゴーストの集団と配給カードを巡って喧嘩になった際、ガブリエル・ベルはシスコとベシアを助けようとして、B.C.に背後から刺されて死亡してしまった。
 これが原因で、地球の歴史が変わってしまい、惑星連邦宇宙艦隊が存在しない時間軸が発生した。この時、クロニトン分子によって時空の変化から守られたディファイアントのクルーたちは、ロミュランアルファ・ケンタウリにまで進出している時間軸を目撃している。
 しかし、シスコとベシアは暴動に加わり、シスコは自ら『ガブリエル・ベル』と名乗って、死亡した本人に成り代わり、人質を守り抜いた。
 一方でダックスは、クリス・ブリナーを説得し、保護区域のインターフェイスからネットへアクセス出来るようにした。
 そして、"ベル"たちは警官隊が突入してきた際に重傷を負うが、人質だった2人の警備員(ヴィンベルナルド・カルヴェラ)と交渉し、「死亡」ということにして保護区域から出ることを許された。
 こうして、3人は歴史を元の流れに戻して2371年に帰還できたが、結果として、"ガブリエル・ベル"の写真はシスコに変わっていた。(DS9:2024年暴動の夜・前編DS9: 2024年暴動の夜・後編

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-NC ライセンスの下で利用可能です。