Fandom


 ガンマ・ハイドラ4号星[1](Gamma Hydra IV)はガンマ・ハイドラ星系の第4惑星惑星連邦加盟惑星で連邦コロニーが存在する。

 ガンマ・ハイドラ4号星には実験的な連邦科学コロニーがあった。2267年、惑星にはぐれ彗星からの放射線が降り注いだ。この未知の放射線によりコロニーのリーダーロバート・ジョンソンと彼の妻のエレイン・ジョンソンを含む6名の入植者の表面上の老化が加速し死亡した。

 2267年USSエンタープライズ(NCC-1701)上陸班は1年の科学調査の検査の為に惑星を訪れた。しかし4名の入植者は既に死亡しジョンソン夫妻も死亡した。ガンマ・ハイドラ4号星への上陸班メンバー5名も同じ放射線に苦しんだが、後に1名を除いた全員がその影響から回復した。(TOS: 死の宇宙病

付録編集

注釈編集

  1. TOS: 死の宇宙病』日本語吹替え版では「惑星ハイドラ4号」とされている。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-NC ライセンスの下で利用可能です。