Fandom


(外部リンク: リンクミス修正)
(記述追加、エピソードリンク修正)
 
9行: 9行:
 
| 死亡 = 2370年
 
| 死亡 = 2370年
 
| 配偶者 = [[ナデル]]
 
| 配偶者 = [[ナデル]]
| 俳優 = [[Richard Kiley]]
+
| 俳優 = [[リチャード・キーリー]]
 
}}
 
}}
 
 '''ギデオン・セイエティク'''(Gideon Seyetik)[[教授]]は[[24世紀]]半ばの[[惑星連邦]]で[[テラフォーマー]]の達人の1人として知られている。彼の仕事には[[惑星]][[ブルー・ホライズン]]と[[ニュー・ハラナ]]が含まれる。彼はブルー・ホライズンの[[ダ・ヴィンチ滝]]が最高の栄誉であると考えていた。
 
 '''ギデオン・セイエティク'''(Gideon Seyetik)[[教授]]は[[24世紀]]半ばの[[惑星連邦]]で[[テラフォーマー]]の達人の1人として知られている。彼の仕事には[[惑星]][[ブルー・ホライズン]]と[[ニュー・ハラナ]]が含まれる。彼はブルー・ホライズンの[[ダ・ヴィンチ滝]]が最高の栄誉であると考えていた。
   
 彼はまた[[リゴビス10号星]]の[[セントラル・ギャラリー]]に自身の[[絵画]]を展示していた。教授は「カーンの没落」など[[クリンゴン]]の[[詩人]][[グトロク]]の作品を高く評価していた。また教授は熟練した[[シェフ]]でもあった。
+
 彼はまた[[リゴビス10号星]]の[[セントラル・ギャラリー]]に自身の[[絵画]]を展示していた。教授は「[[カーンの没落]]」など[[クリンゴン]]の[[詩人]][[グトロク]]の作品を高く評価していた。また教授は熟練した[[シェフ]]でもあった。自伝を9巻まで刊行しており、10巻目を執筆中であった。
   
 
 セイエティクはかつて[[テロサ・プライム]]を訪れた、そこで彼の妻[[ナデル]]が[[心理投影テレパシー]]の制御を失って[[死]]にかけ、彼女の深層心理の分身である[[フェナ]]が生まれた。
 
 セイエティクはかつて[[テロサ・プライム]]を訪れた、そこで彼の妻[[ナデル]]が[[心理投影テレパシー]]の制御を失って[[死]]にかけ、彼女の深層心理の分身である[[フェナ]]が生まれた。
19行: 19行:
 
 [[2370年]]、[[USSプロメテウス(NCC-71201)]]はセイエティクの[[原物質]]を用いた[[恒星]][[イプシロン119]]の再点火を試みる計画の支援任務を行った。この時、彼の妻ナデルが再び心理投影テレパシーの制御を失って彼女の分身であるフェナが作られた。フェナは[[ベンジャミン・シスコ]]と出会って恋に落ちていた。
 
 [[2370年]]、[[USSプロメテウス(NCC-71201)]]はセイエティクの[[原物質]]を用いた[[恒星]][[イプシロン119]]の再点火を試みる計画の支援任務を行った。この時、彼の妻ナデルが再び心理投影テレパシーの制御を失って彼女の分身であるフェナが作られた。フェナは[[ベンジャミン・シスコ]]と出会って恋に落ちていた。
   
 シスコが彼の妻に会った時、セイエティクはフェナがナデルの心理投影テレパシーであると説明した。セイエティクは心理投影テレパシーはナデルを殺すほどの大きなストレスによって引き起こされると述べた。彼は自身がストレスの原因であると認め、またハラナ人は一生を1人と添い遂げるため彼と離婚が出来ないと述べた。
+
 シスコが彼の妻に会った時、セイエティクはフェナがナデルの心理投影テレパシーであると説明した。セイエティクは心理投影テレパシーはナデルを殺すほどの大きなストレスによって引き起こされると述べた。彼は自身がストレスの原因であると認め、また[[ハラナン|ハラナ人]]は一生を1人と添い遂げるため彼と離婚が出来ないと述べた。
   
 彼は[[シャトルポッド]]を操縦してイプシロン119へ向かった。セイエティクは彼女を愛しナデルを自由にして彼女の命を救うため、自身を殺すことが唯一の方法だと主張した。彼の船は衝撃で爆発し、恒星は命を取り戻した。フェナは消失しナデルは回復した。彼は死の前に、彼の死後に送られるように[[ディストロム研究所]]宛てに彼の[[訃報]]を書いていたことを明かした。([[DS9:愛の幻影]]
+
 彼は[[タイプ15・シャトルポッド|シャトルポッド]]を操縦してイプシロン119へ向かった。セイエティクは彼女を愛しナデルを自由にして彼女の命を救うため、自身を殺すことが唯一の方法だと主張した。彼の船は衝撃で爆発し、恒星は命を取り戻した。フェナは消失しナデルは回復した。彼は死の前に、彼の死後に送られるように[[ディストロム研究所]]宛てに彼の[[訃報]]を書いていたことを明かした。({{DS9|愛の幻影}}
   
 
==背景==
 
==背景==
 ギデオン・セイエティク教授は[[Richard Kiley]]によって演じられた。
+
 ギデオン・セイエティク教授は[[リチャード・キーリー]]によって演じられた。
   
 
===外部リンク===
 
===外部リンク===

2015年4月21日 (火) 22:58に更新

 ギデオン・セイエティク(Gideon Seyetik)教授24世紀半ばの惑星連邦テラフォーマーの達人の1人として知られている。彼の仕事には惑星ブルー・ホライズンニュー・ハラナが含まれる。彼はブルー・ホライズンのダ・ヴィンチ滝が最高の栄誉であると考えていた。

 彼はまたリゴビス10号星セントラル・ギャラリーに自身の絵画を展示していた。教授は「カーンの没落」などクリンゴン詩人グトロクの作品を高く評価していた。また教授は熟練したシェフでもあった。自伝を9巻まで刊行しており、10巻目を執筆中であった。

 セイエティクはかつてテロサ・プライムを訪れた、そこで彼の妻ナデル心理投影テレパシーの制御を失ってにかけ、彼女の深層心理の分身であるフェナが生まれた。

 2370年USSプロメテウス(NCC-71201)はセイエティクの原物質を用いた恒星イプシロン119の再点火を試みる計画の支援任務を行った。この時、彼の妻ナデルが再び心理投影テレパシーの制御を失って彼女の分身であるフェナが作られた。フェナはベンジャミン・シスコと出会って恋に落ちていた。

 シスコが彼の妻に会った時、セイエティクはフェナがナデルの心理投影テレパシーであると説明した。セイエティクは心理投影テレパシーはナデルを殺すほどの大きなストレスによって引き起こされると述べた。彼は自身がストレスの原因であると認め、またハラナ人は一生を1人と添い遂げるため彼と離婚が出来ないと述べた。

 彼はシャトルポッドを操縦してイプシロン119へ向かった。セイエティクは彼女を愛しナデルを自由にして彼女の命を救うため、自身を殺すことが唯一の方法だと主張した。彼の船は衝撃で爆発し、恒星は命を取り戻した。フェナは消失しナデルは回復した。彼は死の前に、彼の死後に送られるようにディストロム研究所宛てに彼の訃報を書いていたことを明かした。(DS9: 愛の幻影

背景編集

 ギデオン・セイエティク教授はリチャード・キーリーによって演じられた。

外部リンク編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-NC ライセンスの下で利用可能です。