Fandom


別の時間軸
(異なる歴史を辿った世界)

 ギャラクシー級ドレッドノート(Galaxy Class Dreadnought Type)宇宙艦とは、反時間の未来2395年において就役していたギャラクシー級の武装強化型である。

技術情報編集

 ギャラクシー級ドレッドノートは通常のギャラクシー級に比べ、武装や装備に大幅な改造を加えられている。

フェイザー・キャノン編集

 円盤部下部に大型のフェイザー・キャノンが一門追加されており、円盤部上部、ブリッジの左右に小型のフェイザー・キャノンが備わっている。各ワープ・ナセルにもフェイザー・アレイが追加されている。

 円盤部下部の大型フェイザー・キャノンは推進部と直結した形になっている。このため円盤部と推進部を分離する機能は失われたが、クリンゴン帝国ネグヴァー級戦艦を簡単に撃沈できるほどの火力を得ている。

推進システム編集

 さらに、装備の強化はエンジンにも及んでおり、通常のギャラクシー級では推進部に一基だったメインのインパルス・ドライブが、改装後には二基に増設されている。

 また、ワープ・ナセルも通常の二基から、ギャラクシー級ドレッドノートでは三基に増設されている。

Jean-Luc Picard, 2364 この記事は書きかけだ。是非とも、この記事に加筆してみて欲しい。記事を書く際は、画面上部の「編集」をクリックするように。

TNG:永遠への旅

同型艦編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-NC ライセンスの下で利用可能です。