(新しいページ: '{{Sidebar character | image-top = K'Temoc.jpg | caption-top = クテーモク大佐(2372年) | image-bottom = | caption-bottom = | image-bottom2 = | ...')
タグ: sourceedit
 
(カテゴリを追加)
タグ: categoryselect
45行目: 45行目:
 
[[nl:K'Temoc]]
 
[[nl:K'Temoc]]
 
 
 
 
  +
[[カテゴリ:クリンゴン]]
  +
[[カテゴリ:クリンゴン軍の人員]]

2015年3月14日 (土) 23:44時点における版

 クテーモク(K'Temoc)は、クリンゴンクティンガ級巡洋艦IKSトング指揮官である。2290年、クテーモクとその指揮下のトングは、クリンゴン最高評議会の極秘司令を遂行し、クルーたちは冬眠状態に入った。この当時、まだキトマー条約が締結されておらず、クリンゴン帝国惑星連邦は交戦状態にあった。

 それから75年後の2365年第336宇宙基地が、間もなくトングのクルーが冬眠状態から覚醒することを意味する自動送信をキャッチした。

 宇宙暦42901.3、宇宙艦隊ボラディス星系の付近にいたUSSエンタープライズDケーラー特使を緊急で派遣した。その目的は、クテーモクたちトングのクルーが、ボラディス星系に多数点在する連邦コロニー前哨基地への攻撃を阻止することであった。

 エンタープライズがトングを発見した時、既にクテーモクたちトングのクルーは冬眠状態から目覚めていたが、惑星連邦とクリンゴン帝国の戦争は終わっていることに気付かず、エンタープライズを攻撃してきた。しかし、その後、「艦長」のウォーフがクテーモクを説得したことにより、危機は去った。(TNG:愛の使者

背景

非正史

 ビデオゲーム『スタートレック スターフリートコマンド』において、プレイヤーがクリンゴンを自軍勢力として選択し、アカデミーでの訓練を選択すると、クテーモクが教官を務めている。また、日本語版では、TNG本編の時と同様に、麦人がクテーモク役を演じている。  

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-NCライセンスの下で利用可能です。