23世紀中盤までに運用されていたクリンゴン・バード・オブ・プレイ(Klingon Bird-of-Prey)はクリンゴン帝国の小型軍艦の一種である。

歴史[編集 | ソースを編集]

 2236年、一隻のバード・オブ・プレイがドクタリ・アルファ襲撃を開始した。(DIS: 永遠なる無限

 2256年連星系の戦いに参戦した複数のバード・オブ・プレイは、そのうち何隻かが撃墜された。(DIS: 連星系の戦い

 連星系の戦いの6か月後、数隻のバード・オブ・プレイがコルヴァン2号星採鉱コロニーを攻撃し、USSディスカバリーに撃墜された。(DIS: 殺戮者のナイフは子羊の悲鳴など気にかけない

 2256年12月、2隻のバード・オブ・プレイがデナスウジリ惑星連邦との秘密交渉が行われるカンクリ4号星の施設へ運んだ。(DIS: 忘却の川

 3隻のバード・オブ・プレイが駆逐艦巡洋戦艦とともにUSSガガーリンを待ち伏せして攻撃し、あるバード・オブ・プレイの攻撃がガガーリンをクルーもろとも破壊した。(DIS: 汝、平和を欲するなら、戦いに備えよ

クリンゴン艦隊中のバード・オブ・プレイ

 2257年地球攻撃のため集結した艦隊にバード・オブ・プレイが複数含まれていた。(DIS: 新たなる旅立ち

技術情報[編集 | ソースを編集]

 このタイプのバード・オブ・プレイはそれ以前及び後継の艦種と同じく「頭」・「首」・一対の「翼」があり、船尾にエンジンを配するデザインをしている。ただし、「翼」の先端部分に武器は搭載されていない点が異なる。大気圏でも運用可能で、サーチライトがブリッジ下部についている。(DIS: 永遠なる無限

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-NC ライセンスの下で利用可能です。