Fandom


 コル・カロリ5号星(Cor Caroli V)[1]コル・カロリ星系にある惑星で、2366年にこの惑星でファイロックス病が広まった。宇宙艦隊司令部はこの出来事を機密扱いにしていたが、その後USSエンタープライズ(NCC-1701-D)がファイロックス病の除去に成功した。(TNG:姿なき誘拐犯

背景編集

  1. 日本語版では「コーカロライ5号星」と言及されている。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-NC ライセンスの下で利用可能です。