ギャラクシー級宇宙艦のサイバネティクス研究室

 サイバネティクス(Cybernetics)は、通常は陽電子マトリクス上で実行されている、非常に複雑な人工知能システムの研究であり、しばしば、ロボット機械技術の内部に含まれ、この実用的な実装がアンドロイドである。この分野の研究を行う科学者サイバネティクス学者として知られている。

 身体の一部を機械に置き換えた物はサイバネティクス・インプラントと呼ばれていた。(TNG:人間の条件) ボーグが自らの身体を強化するのに用いているサイバネティクス・インプラントは、しばしばボーグ・インプラントと呼ばれた。(TNG:浮遊機械都市ボーグ・後編) ジャン=リュック・ピカード大佐は全てのサイバネティクス生命体の同様にボーグも生体部分無しには生存出来ない事を指摘した。(スタートレック:ファーストコンタクト

サイバネティクス・インプラント技術[編集 | ソースを編集]

ボーグのサイバネティクス・インプラント[編集 | ソースを編集]

バイナーのサイバネティクス・インプラント[編集 | ソースを編集]

カーデシアのサイバネティクス・インプラント[編集 | ソースを編集]

惑星連邦のサイバネティクス・インプラント[編集 | ソースを編集]

プリットのサイバネティクス・インプラント[編集 | ソースを編集]

ヴィディアンのサイバネティクス・インプラント[編集 | ソースを編集]

ヴォルタのサイバネティクス・インプラント[編集 | ソースを編集]


関連項目[編集 | ソースを編集]

付録[編集 | ソースを編集]

背景[編集 | ソースを編集]

 ジョセフ・ガット演じる科学士官0718はサイバネティクス・インプラントを用いている地球人だった。(スター・トレック:イントゥ・ダークネス

外部リンク[編集 | ソースを編集]

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-NC ライセンスの下で利用可能です。