Fandom


 サンフランシスコ襲撃(Raid on San Francisco)とは、2375年後半にブリーン軍によって行われた地球に対する奇襲攻撃であった。攻撃したブリーン艦の大部分は宇宙艦隊が撃沈したが、この襲撃によって宇宙艦隊本部及び、サンフランシスコ市街やゴールデンゲートブリッジは多大な被害を受けた。

 この攻撃により連邦の士気は大きな打撃を受けた。そして、この攻撃はブリーン連合ドミニオンと同盟を結んだことを大々的に示すこととなった。クリンゴン軍マートク将軍は今回のブリーンの奇襲に対して以下の様に評した。(DS9:変節の時

「しかし宇宙艦隊本部を攻撃するとはな。我々でさえ考えたこともない。これで、ブリーンについて一つはっきりしましたなあ。…奴らは戦士の種族だ。」

 尚、地球が直接攻撃を受けたのはロミュラン戦争以来初めてのことであることが示唆されている。(DS9:地球戒厳令・後編

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-NC ライセンスの下で利用可能です。