Fandom


 シグマ・イオシア2号星(Sigma Iotia II)はイオシアン母星である。

 2168年地球宇宙艦ホライズンがこの惑星を訪れ、『1920年代のシカゴ・ギャング』という本を置き忘れた。この本の影響で、シグマ・イオシア2号星はシカゴのギャング社会そっくりになった。

 USSエンタープライズ2268年、行方不明のホライズンの航跡を辿ってシグマ・イオシア2号星を訪れ、文化汚染を発見した。(TOS:宇宙犯罪シンジケート

背景編集

日本語版編集

 日本語吹替え版ではシグマ・イオタ2号星とされている。本来の綴りは "Iota" でなはく "Iotia" であり、発音は「イオシア」に近い。ただ、「イオティア」と読めなくもないが、日本語版で「イオティア」だと発音しづらいために「イオタ」と訛った可能性がある。

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-NC ライセンスの下で利用可能です。