新たな時間軸の当該人物については、ジェイムズ・T・カーク(新時間軸)を参照。
鏡像宇宙の当該人物については、ジェイムズ・T・カーク(鏡像宇宙)を参照。
アンドロイドの当該人物については、ジェイムズ・T・カーク(アンドロイド)を参照。

「昇進は全部断れ、転属もするな。絶対にエンタープライズのブリッジから離れるな。」
ジェイムズ・T・カーク(2371年)

 ジェイムズ・タイベリアス・カーク(James Tiberius Kirk)は、宇宙艦隊の歴史において最も有名であり、そして宇宙艦隊より最も叙勲された艦長であった。23世紀中の30年の期間に渡り、彼はコンスティチューション級宇宙艦USSエンタープライズ(NCC-1701)及びUSSエンタープライズ(NCC-1701-A)を指揮した。探険家として、軍人として、タイムトラベラーとして、そして外交官として惑星連邦に多大な貢献をした。

幼少期[編集 | ソースを編集]

 ジェイムズ・タイベリアス・カーク(通称:ジム・カーク)は、2233年3月22日(宇宙暦1277.1)に地球アイオワで、ジョージ・カークウィノナ・カークの間に生まれた。(TOS:光るめだまTOS:死の宇宙病スタートレック4:故郷への長い道ENT:暗黒の地球帝国・後編

コドス知事(2246)

 2246年、カークはタルサス4号星コロニーに住んでいたが、この時8000名の住人が食糧危機に陥っていた。この時のコロニーの知事であるコドスは、救援船が向かっていることを知らずに、生き残るために古い優生学を元に4000名の入植者を殺害し食糧危機から脱しようとした。この時13歳であったカークは、この大虐殺を目撃した9人のうちの一人であった。(TOS:殺人鬼コドス

宇宙艦隊アカデミー[編集 | ソースを編集]

Jean-Luc Picard, 2364.jpg この記事は書きかけだ。是非とも、この記事に加筆してみて欲しい。記事を書く際は、画面上部の「編集」をクリックするように。

下級士官[編集 | ソースを編集]

祖先[編集 | ソースを編集]

 カークは地球のアメリカ大陸へのヨーロッパ人の移住者の子孫であった。その移住者は、19世紀にアメリカ大陸の西部開拓を行った。(TOS:危機一髪!OK牧場の決闘

USSエンタープライズとファイブ・イヤー・ミッション[編集 | ソースを編集]

2265[編集 | ソースを編集]

2266[編集 | ソースを編集]

2267[編集 | ソースを編集]

2268[編集 | ソースを編集]

2269[編集 | ソースを編集]

2270[編集 | ソースを編集]

タイムトラベル[編集 | ソースを編集]

 24世紀時間調査課調査官たちは、ジェイムズ・T・カークのことを「17回の時間法違反、史上最も前科の多い船長」、「厄介な男だった」と評価している。(DS9:伝説の時空へ
 その原因は、惑星連邦宇宙艦隊に属した船長たちの中で、誰より多くのタイムトラベルを経験したためである。

地球の歴史と関わった例[編集 | ソースを編集]

 2267年宇宙暦3113.2。USSエンタープライズブラックホールの重力の影響で1969年地球タイムトラベルしてしまった。この時にジョン・クリストファー大尉が艦を目撃し、接近してきた。トラクタービームで距離を離そうとしたが、それによってF-104が空中分解してしまい、クリストファー大尉を転送収容せざるを得なかった。しかも、彼の息子土星探査計画に将来参加することが分かった。カークはスリングショット効果を利用してエンタープライズを未来に戻る前に、クリストファー大尉がエンタープライズを目撃する直前に戻り、彼を元の場所に転送で送り返した。そのため、クリストファー大尉はエンタープライズを目撃することはなく、歴史のゆがみは正された。そして、エンタープライズは23世紀に無事帰還した。(TOS:宇宙暦元年7・21

 それから数週間後の宇宙暦3134.0、エンタープライズはある種の時間波動と遭遇し、ある惑星の軌道に乗った。この時、ヒカル・スールーを治療していたドクターレナード・マッコイコルドラジンを誤って自分に過剰投与してしまい、誇大妄想狂になった。そのまま惑星に転送降下してしまい、カークらはそれを追った。マッコイを捜索中に永遠の管理者と呼ばれる時の門と遭遇したが、この時、過去を映していた門にマッコイが飛び込んでしまい、歴史が変わり、エンタープライズが消えてしまった。スポックとカークはマッコイがタイムトラベルして辿り着く前の時間へタイムスリップした。2人はエディス・キーラーという女性と出会うが、その女性をマッコイが交通事故から救ってしまったことで歴史が変わってしまうことも知る。エディスを救おうとするマッコイをカークが制止した結果、エディスは交通事故で亡くなったが、歴史の流れは正された。(TOS:危険な過去への旅

 その1年後、カークらはスリングショットを利用して1968年[1]にタイムスリップし、宇宙艦隊からの命令で、地球が「重大なる危機」をいかにして乗り越えたかを調査することになった。その最中、エンタープライズは千光年以上離れた場所からの転送光線と偶然接触し、ゲリー・セブンと出会った。カークは彼が歴史を変えてしまうことを恐れて拘束したが、あえなくゲリーは拘束室のフォースフィールドを破り、目的地に転送降下した。その後、ゲリーはマッキンリー打上基地に潜入し、水爆衛星を打ち上げるロケットコントロール回路を細工。ゲリーは高度160kmまでそれを落下させてから爆破した。そうしてゲリーが地球を滅亡の危機から救う瞬間をカークらが目撃することになり、任務は達成され、23世紀に帰還した。(TOS:宇宙からの使者 Mr.セブン

 2286年、カークらはHMSバウンティで地球へ向かっていたが、その頃、地球は謎の探査機によって、壊滅状態に追いやられ、死の星と化すのも時間の問題だった。この危機を知り、スポックは探査機がザトウクジラを探しにきたことを突き止めた。そして、カークは太陽系に到着後、太陽に向かってワープ航行を行ない、スリングショット効果によるタイムトラベルを実行した。バウンティは1986年へのタイムスリップに成功。クジラの研究者であるジリアン・テイラー博士と共にザトウクジラ二頭を転送収容して、バウンティは再び未来へと戻り、サンフランシスコの湾にザトウクジラを解き放った。そして、ザトウクジラとクジラ探査機が接触したことで、クジラ探査機は地球のパワーを回復させた後に軌道を離れた。これによりカークは地球の危機を救うことができた。(スタートレック4:故郷への長い道

地球以外の歴史と関わった例[編集 | ソースを編集]

 以下、編集中

その後のキャリア[編集 | ソースを編集]

カーク少将(2273年)

 USSエンタープライズは2270年に地球へ帰還した。カークの任務成功は少将への昇進へ結びつき、彼は二年半の間サンフランシスコ宇宙艦隊本部宇宙艦隊作戦部長として勤務した。エンタープライズがサンフランシスコ造船所で大規模改修を受けている間、カークは代わりの艦長としてウィラード・デッカーを推薦した。(劇場版スタートレック

カーンの復讐とその傷跡[編集 | ソースを編集]

USSエンタープライズA[編集 | ソースを編集]

ネクサスと死[編集 | ソースを編集]

知性と個性[編集 | ソースを編集]

戦術[編集 | ソースを編集]

トラウマ[編集 | ソースを編集]

ヴァイタリティー[編集 | ソースを編集]

格闘力[編集 | ソースを編集]

病気と負傷[編集 | ソースを編集]

人間関係[編集 | ソースを編集]

友人関係[編集 | ソースを編集]

スポック[編集 | ソースを編集]

レナード・マッコイ[編集 | ソースを編集]

ゲーリー・ミッチェル[編集 | ソースを編集]

モンゴメリー・スコット[編集 | ソースを編集]

ヒカル・スールー[編集 | ソースを編集]

ジャニス・ランド[編集 | ソースを編集]

ベン・フィニー[編集 | ソースを編集]

ロマンス[編集 | ソースを編集]

家族[編集 | ソースを編集]

ミラマネ[編集 | ソースを編集]

デビッド・マーカス[編集 | ソースを編集]

勲章[編集 | ソースを編集]

略年譜[編集 | ソースを編集]

出演[編集 | ソースを編集]

名言[編集 | ソースを編集]

実存的[編集 | ソースを編集]

危機的状況[編集 | ソースを編集]

カークと女性[編集 | ソースを編集]

カークとスポック[編集 | ソースを編集]

付録[編集 | ソースを編集]

背景[編集 | ソースを編集]

注釈[編集 | ソースを編集]

  1. 吹き替えでは「1975年」に変更されている。日本での放送時期が1973年であり、「1968年」だと過去になってしまうことが理由。

曖昧さ[編集 | ソースを編集]

非正史[編集 | ソースを編集]

外部リンク[編集 | ソースを編集]

mu:James T. Kirk (mirror)

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-NC ライセンスの下で利用可能です。