Fandom


Miranda Jones

通常の衣服上に着用するセンサー・ウェブ

 センサー・ウェブ(sensor web)は通常の衣服の上に着用するセンサーの配列。23世紀、センサー・ウェブは盲目の人々が通常の生活を行うための補助として利用されていた。

 2268年、盲目のミランダ・ジョーンズ博士はセンサー・ウェブの利用者の一人だった。彼女はジェイムズ・T・カーク大佐にセンサーによって通常の眼よりも多くの情報を得られると述べた。彼女はテニスのような精度のゲームをプレイしてでき、センチメートル単位の正確な距離を測り、周囲の人々の脈拍を検出できた。それにも関わらずセンサー・ウェブによって宇宙船の操舵が満足に出来るのか、という点でカーク達との間に意見の相違があった。(TOS:美と真実

関連項目編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-NC ライセンスの下で利用可能です。