Fandom


新時間軸
(2233年分岐)

 タカヤマ(Takayama)は23世紀中ごろに宇宙艦隊によって運用されていた惑星連邦タカヤマ型シャトルクラフトで、USSエンタープライズにシャトル5として配備されていた。

 2259年デイストロム会議室襲撃事件の後、タカヤマはジェイムズ・T・カーク大佐スポック中佐ドクターレナード・マッコイキャロル・ウォレス大尉をエンタープライズに運んだ。

 タカヤマはその後シャトルクラフトウォレントの隣に駐機された。(スター・トレック:イントゥ・ダークネス

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-NC ライセンスの下で利用可能です。