Fandom


 ティムール(Ti'Mur)はヴァルカン最高司令部が22世紀に保有していたスロク級宇宙艦である。2136年よりヴァニクが指揮をとった。

歴史編集

 2151年、ティムールは地球連合宇宙船エンタープライズに合流した。地球人彗星に対する興味を調査するという名目だったが、本当の目的は副司令官トゥポルに個人的な手紙を中継することだった。

 ティムールはまた、マルコム・リードトラヴィス・メイウェザーの乗ったシャトルポッドが彗星の割れ目に落下した際にトラクター・ビームで救助支援をした。(ENT:彗星は去り行くとも

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-NC ライセンスの下で利用可能です。