レネ・オーバージョノー

 レネ・オーバージョノーは『スタートレック:ディープ・スペース・ナイン』のオドー役で知られている俳優であり、その他では、『スタートレック6:未知の世界』でウェスト大佐の役も演じている。また、『スタートレック:エンタープライズ』のエピソード『ENT: 閉ざされたオアシス』でもエズラル役で出演した。

 1960年代後半、彼はブロードウェイステージに出演しており、1970年にBest Featured Actorに選ばれトニー賞を受賞した。故ロバート・アルトマン監督の『M☆A☆S☆H』で映画デビューをし、その頃には映画俳優として知名度も上がっていった。また、コメディードラマである『ベンソン』では紳士気取りのクレイトン・エンディコット三世を演じてエミー賞を受賞した。また、このドラマで『スタートレック:ヴォイジャー』にも出演しているイーサン・フィリップスとも共演していた。また彼は、ABCの人気ドラマ『ボストン・リーガル』でウィリアム・シャトナーと共演した。

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-NCライセンスの下で利用可能です。