Fandom


Sarjenka

若いドレマン女性、サージェンカ

 ドレマン(Dreman)またはドレマ人ドレマ4号星ヒューマノイド種族である。(身体的特徴についてはサージェンカを参照。)

技術編集

 2365年の時点では電波通信機や、消えたり現れたりする扉の技術を有していたが、ワープ前文明であった。

絶滅の危機編集

 同年、ドレマ4号星に地質学的な不安定が起こりドレマンは絶滅の危機に瀕した。最優先指令により宇宙艦隊はこれに干渉してはならなかったが、USSエンタープライズ(NCC-1701-D)データ少佐はドレマンの少女サージェンカと通信のやりとりをしてしまった。そのためエンタープライズのクルーは知り合いである人々を見殺しにして良いのかと葛藤した。

 最終的にエンタープライズは惑星の破壊を食い止め、ドレマンの絶滅を防いだ。サージェンカは、危険を避けるためデータがエンタープライズに一時乗船させたが、後に記憶を消されて家に帰された。(TNG:未知なるメッセージ

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-NC ライセンスの下で利用可能です。