ニヴァー(Ni'Var)はヴァルカン最高司令部22世紀半ばに運用していたヴァルカンスロク級戦闘巡洋艦ソペクが指揮していた。

 2151年、ニヴァーはヴァルカン最高司令部によってエンタープライズ(NX-01)トゥポル副司令官ヴァルカンに移送するため派遣された。これはトゥポルにプジェムの修道院が破壊された件について責任を問うためであった。しかし、コリダン星においてトゥポルはジョナサン・アーチャー船長とともにコリダンの反政府主義者に囚われていたため、急遽ニヴァーからソペク率いる救出部隊が送り込まれた。救出作戦の最後にトゥポルがソペクを庇って撃たれたため、エンタープライズに戻って治療を担当したフロックスは負傷したトゥポルの移送を留めた。そしてアーチャーのソペクに対する説得もあってニヴァーはトゥポルの移送を行わずに帰還した。(ENT: 恩讐を越えて

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-NCライセンスの下で利用可能です。