Fandom


(新しいページ)
 
(リンク修正(TNG:ファイナル・ミッション~新たなる旅立ち~))
1行: 1行:
 
 '''ハイロナリン'''(Hyronalin)は[[医学|医]][[薬品]]で抗[[放射線中毒]]薬として用いられる。[[アドレナリン]]は[[地球]]の原子力時代の後の好ましい治療法だったがハイロナリンの発見後に取って代わられた。([[TOS:死の宇宙病]])
 
 '''ハイロナリン'''(Hyronalin)は[[医学|医]][[薬品]]で抗[[放射線中毒]]薬として用いられる。[[アドレナリン]]は[[地球]]の原子力時代の後の好ましい治療法だったがハイロナリンの発見後に取って代わられた。([[TOS:死の宇宙病]])
   
 [[2367年]]、[[USSエンタープライズ(NCC-1701-D)]]のクルーは300年前の[[廃棄物運搬船]]が発見された後、放射線中毒の予防にハイロナリンを使った。[[ドクター]][[ビバリー・クラッシャー]]と彼女のスタッフは[[レプリケーター]]で大量に作り[[ガムラン5号星]]の医師と共に管理した。この行動は[[惑星]]上の3つの島へ運搬船が与える放射線濃度を予測しての対応だった。([[TNG:ファイナル・ミッション 新たなる旅立ち]])
+
 [[2367年]]、[[USSエンタープライズ(NCC-1701-D)]]のクルーは300年前の[[廃棄物運搬船]]が発見された後、放射線中毒の予防にハイロナリンを使った。[[ドクター]][[ビバリー・クラッシャー]]と彼女のスタッフは[[レプリケーター]]で大量に作り[[ガムラン5号星]]の医師と共に管理した。この行動は[[惑星]]上の3つの島へ運搬船が与える放射線濃度を予測しての対応だった。([[TNG:ファイナル・ミッション新たなる旅立ち]])
   
 
 [[2368年]]、クラッシャーと[[ジョーディ・ラフォージ]]は[[プラズマ・ファイヤー]]放射線への被曝後に数日ハイロナリン治療を受ける必要があった。([[TNG:エンタープライズ・パニック]])
 
 [[2368年]]、クラッシャーと[[ジョーディ・ラフォージ]]は[[プラズマ・ファイヤー]]放射線への被曝後に数日ハイロナリン治療を受ける必要があった。([[TNG:エンタープライズ・パニック]])

2011年4月5日 (火) 00:46時点における版

 ハイロナリン(Hyronalin)は薬品で抗放射線中毒薬として用いられる。アドレナリン地球の原子力時代の後の好ましい治療法だったがハイロナリンの発見後に取って代わられた。(TOS:死の宇宙病

 2367年USSエンタープライズ(NCC-1701-D)のクルーは300年前の廃棄物運搬船が発見された後、放射線中毒の予防にハイロナリンを使った。ドクタービバリー・クラッシャーと彼女のスタッフはレプリケーターで大量に作りガムラン5号星の医師と共に管理した。この行動は惑星上の3つの島へ運搬船が与える放射線濃度を予測しての対応だった。(TNG:ファイナル・ミッション~新たなる旅立ち~

 2368年、クラッシャーとジョーディ・ラフォージプラズマ・ファイヤー放射線への被曝後に数日ハイロナリン治療を受ける必要があった。(TNG:エンタープライズ・パニック

 2371年、ドクタージュリアン・ベシアはハイロナリンを使ってチーフマイルズ・オブライエンの放射線中毒を治療した。(DS9:DS9破壊工作

 2373年ドクタートム・パリス星の乱流からの放射線中毒の予防としてハイロナリンとラクタラジンの混合物を接種させた。(VOY:ドクターの家庭

外部リンク

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-NC ライセンスの下で利用可能です。