Memory Alpha
Advertisement
Memory Alpha
3,160
ページ

カーレスの剣 最初のバトラフ

 バトラフ(bat'leth)は、名誉の剣(sword of honor)とも呼ばれるクリンゴンの伝統的な武器である。バトラフは三日月形をした偃月刀の様な刃を持ち、刃の反対側の三つの握りを持って使用する。この剣はクリンゴン戦士に最も好まれている武器の一つでもある。

カーレスのバトラフ[]

 クリンゴン神話によると、最初のバトラフは9世紀に忘れ得ぬ者カーレスによって鍛造されたとされている。その神話では、カーレスは自らのの房を切り落とし、それをクリスタック火山の溶岩につけた。その燃え盛る房をルソア湖の冷たい水に浸したところ、剣ができた。次いで、カーレスはその剣を用いて暴君モローと戦いこれを倒し、カーレスはこの剣にバトラフ(名誉の剣の意)と名付けたとされている。この話は、カーレス自身とクリンゴンの高僧にしか知られていない話であり、一般には伝わっていなかった。24世紀にクローン技術でカーレスが復活した際に、クリンゴンの高僧はこの物語を知っているか否かでクローンのカーレスが本物であるかどうかを確かめた。(TNG: クリンゴン神カーレスの復活)(約束の物語も参照。)

 カーレスの死後、カーレスの剣クロノスで大切に保管されていた。しかし、彼の死から約500年後にクロノスを侵略したハークによってそれは奪われてしまったのであった。(DS9: カーレスの剣

バトラフ[]

死者の船に置かれたバトラフ

 ウォーフは10代に渡って家族に受け継がれるバトラフを所有しており、ケーラデュラスによって殺害された後に、ウォーフはこのバトラフでデュラスに復讐の決闘を挑み彼を殺した。(TNG: 勇者の名の下に

 また、ウォーフはUSSエンタープライズDに乗務している際に、ウィリアム・T・ライカービバリー・クラッシャーにバトラフの訓練を行った。(TNG: 機械じかけの小さな生命難破船ペガサスの秘密

 2280年代前半、ジェイムズ・T・カークは自らの山のキャビンの中に、様々なトロフィーと共にバトラフを飾っていた。(スタートレック:ジェネレーションズ

 伝統的なバトラフは、合成バーコナイト製で長さが約116センチメートル、重さが約5.3キログラムあり、握りは直径約5センチメートルである。(DS9: 血の誓い

付録[]

関連項目[]

  • バトラフ競技会
  • バトラフ勲章

登場回[]

背景[]

  • バトラフは、武道家であったダン・カリーによってデザインされ、バトラフを用いた立ち回りも彼が考案した(Star Trek Encyclopedia
  • バトラフの語源は、"glory blade"(栄光の刃の意)をクリンゴン語に訳するとbatlh 'etlhとなる。それをつなげてbetleHとされた
  • バトラフは『スターゲイト SG-1』のシーズン6のエピソード『捕虜になったSG-1』にも登場した。但し、背景に写る程度である。ENTフロックス役を演じるジョン・ビリングズレーはこのシリーズで、スタートレックオタクの科学者の役を演じている
  • スター・トレック』でモンゴメリー・スコットを演じたサイモン・ペグが以前に出演していたテレビドラマ『スペースド』のシーズン1には、彼が演じるティム・ビズリーというSFオタクの私物として登場した。第7話"ENDS"では、ジェシカ・スティーヴンソン演ずるデイジーが電話中のディムをバトラフで小突くシーンがある
  • ENT: 招かれざる訪問者』で使用されたバトラフの紐は、eBayのIt's A Wrap! sale and auctionで売りに出された。[1]

外部リンク[]

Advertisement