Memory Alpha
(カテゴリ一部修正)
(リンク微調整)
10行目: 10行目:
 
| size-bottom2 =
 
| size-bottom2 =
 
| 性別 = 男性
 
| 性別 = 男性
| 種族 = [[地球人]]
+
| 種族 = [[人]]
 
| 職業 = 発明家
 
| 職業 = 発明家
 
| 状態 = 存命
 
| 状態 = 存命
19行目: 19行目:
 
}}
 
}}
   
 '''バーリンホフ・ラスミュッセン'''(Berlinghoff Rasmussen)は[[22世紀]][[地球]]の[[ニュージャージー]]出身の発明家。この22世紀の間に彼は、[[26世紀]]の[[タイム・ポッド]]を正当な持ち主から奪い、未来への[[タイムトラベル]]に使った。彼の計画は、未来の[[技術]]を収集し、分解して研究し再作成を行って、自身の名声を得ようとした。
+
 '''バーリンホフ・ラスミュッセン'''(Berlinghoff Rasmussen)は[[22世紀]][[地球]]の[[ニュージャージー]]出身の発明家。この22世紀の間に彼は、[[26世紀]]の[[タイム・ポッド]]を正当な持ち主から奪い、未来への[[タイムトラベル]]に使った。彼の計画は、未来の[[技術]]を収集し、分解して研究し再作成を行って、自身の名声を得ようとした。
   
 [[2368年]]、ラスミュッセンは[[USSエンタープライズ(NCC-1701-D)]]を訪れ、未来の[[歴史家]]を名乗った。彼は陽気でエキセントリックな態度で、[[乗組員]]は当初、彼を信じるのに苦労し、未来への質問も避けられた。しかし、最終的に[[ジャンリュック・ピカード]][[大佐]]はラスミュッセンに、エンタープライズDが助けようとしている[[惑星]]に対する行動の助言を求めた。ラスミュッセンは惑星を助けると第二の[[アドルフ・ヒトラー]]や[[カーン・ノニエン・シン]]が生まれるかもしれないと主張して、自身の嘘を隠した。
+
 [[2368年]]、ラスミュッセンは[[USSエンタープライズ(NCC-1701-D)]]を訪れ、未来の[[歴史家]]を名乗った。彼は陽気でエキセントリックな態度で、[[乗組員]]は当初、彼を信じるのに苦労し、未来への質問も避けられた。しかし、最終的に[[ジャンリュック・ピカード]][[大佐]]はラスミュッセンに、エンタープライズDが助けようとしている[[惑星]]に対する行動の助言を求めた。ラスミュッセンは惑星を助けると第二の[[アドルフ・ヒトラー]]や[[カーン・ノニエン・シン]]が生まれるかもしれないと主張して、自身の嘘を隠した。
   
 この間、ラスミュッセンは彼の時代に密輸する為に[[フェイザー]]を含む様々な物を盗んだ。彼は[[ドクター]][[ビバリー・クラッシャー]]に夢中なったが、彼女の[[感情|気持ち]]は振り向かなかった。彼はまた、[[データ]][[少佐]]を誘拐しようと試みたが、彼が利用しようとしたフェイザーを非アクティブ化されていた。エンタープライズDの[[上級士官]]が、彼に強盗について尋ね彼の嘆願にも関わらず、ピカードは[[ウォーフ]]にラスミュッセンを逮捕するよう命じた。タイム・ポッドは消滅し、彼は未来に残されてしまった。ウォーフはラスミュッセンを[[営倉]]に連れて行き、ピカードは彼に[[24世紀]]に歓迎し、「あなたの話に正当な歴史家達が興味を持っている」と述べた。([[TNG:26世紀のタイム・トラベラー]])
+
 この間、ラスミュッセンは彼の時代に密輸する為に[[フェイザー]]を含む様々な物を盗んだ。彼は[[ドクター]][[ビバリー・クラッシャー]]に夢中なったが、彼女の[[感情|気持ち]]は振り向かなかった。彼はまた、[[データ]][[少佐]]を誘拐しようと試みたが、彼が利用しようとしたフェイザーを非アクティブ化されていた。エンタープライズDの[[上級士官]]が、彼に強盗について尋ね彼の嘆願にも関わらず、ピカードは[[ウォーフ]]にラスミュッセンを逮捕するよう命じた。タイム・ポッドは消滅し、彼は未来に残されてしまった。ウォーフはラスミュッセンを[[営倉]]に連れて行き、ピカードは彼に[[24世紀]]に歓迎し、「あなたの話に正当な歴史家達が興味を持っている」と述べた。([[TNG:26世紀のタイム・トラベラー]])
   
 
 [[2372年]]、ウォーフが[[ディープ・スペース・9]]の[[保安]]の不備を訴えた時、[[オドー]]はウォーフにラスミュッセンのケースを挙げた。([[DS9:ロムの反乱]])
 
 [[2372年]]、ウォーフが[[ディープ・スペース・9]]の[[保安]]の不備を訴えた時、[[オドー]]はウォーフにラスミュッセンのケースを挙げた。([[DS9:ロムの反乱]])
   
 
==付録==
 
==付録==
===背景情報===
+
===背景===
<!--
 
 
Rasmussen was played by actor [[Matt Frewer]].
 
Rasmussen was played by actor [[Matt Frewer]].
   
36行目: 35行目:
 
The script for "A Matter of Time" describes Rasmussen as "''a kindly-looking human male in his late forties ''[...]'' wearing a drab, nondescript jump suit and a baggy 'lab' jacket''" [ttp://www.st-minutiae.com/academy/literature329/209.txt]
 
The script for "A Matter of Time" describes Rasmussen as "''a kindly-looking human male in his late forties ''[...]'' wearing a drab, nondescript jump suit and a baggy 'lab' jacket''" [ttp://www.st-minutiae.com/academy/literature329/209.txt]
   
=== Apocrypha ===
+
=== 非正史 ===
 
Rasmussen appears in the [[Pocket DS9]] novel ''[[The Big Game]]'', in which he is released from prison in [[2369]]. He then travels to Deep Space 9, where he participates in a high stakes [[poker]] tournament held at [[Quark's]]. The novel also mentions that Rasmussen claims to have been on Titanias III during the early [[2150s]], where he met a [[Klingon]] who identified himself as being a member of the [[House of Duras]].
 
Rasmussen appears in the [[Pocket DS9]] novel ''[[The Big Game]]'', in which he is released from prison in [[2369]]. He then travels to Deep Space 9, where he participates in a high stakes [[poker]] tournament held at [[Quark's]]. The novel also mentions that Rasmussen claims to have been on Titanias III during the early [[2150s]], where he met a [[Klingon]] who identified himself as being a member of the [[House of Duras]].
   
 
In the ''[[Strange New Worlds II|Star Trek: Strange New Worlds]]'' short story ''[[Strange New Worlds II#Star Trek: Deep Space Nine|Research]]'', Berlinghoff had the foresight to hide blueprints for the time-travel pod prior to his journey, and is able to retrieve them and successfully rebuild it. He then travels back to the late-[[20th century]], to the home of his ancestor, J. R. Rasmussen. Together, they travel back to [[1964]], where they relay information about the future to a [[television]] writer named [[Gene Roddenberry]]. Rasmussen dies sometime before [[1999]] in an auto accident, while driving to an appointment with producers at [[Paramount Pictures]].
 
In the ''[[Strange New Worlds II|Star Trek: Strange New Worlds]]'' short story ''[[Strange New Worlds II#Star Trek: Deep Space Nine|Research]]'', Berlinghoff had the foresight to hide blueprints for the time-travel pod prior to his journey, and is able to retrieve them and successfully rebuild it. He then travels back to the late-[[20th century]], to the home of his ancestor, J. R. Rasmussen. Together, they travel back to [[1964]], where they relay information about the future to a [[television]] writer named [[Gene Roddenberry]]. Rasmussen dies sometime before [[1999]] in an auto accident, while driving to an appointment with producers at [[Paramount Pictures]].
  +
-->
 
 
===外部リンク===
 
===外部リンク===
 
* {{NCwiki}}
 
* {{NCwiki}}

2013年3月25日 (月) 17:14時点における版

 バーリンホフ・ラスミュッセン(Berlinghoff Rasmussen)は22世紀地球ニュージャージー出身の発明家。この22世紀の間に彼は、26世紀タイム・ポッドを正当な持ち主から奪い、未来へのタイムトラベルに使った。彼の計画は、未来の技術を収集し、分解して研究し再作成を行って、自身の名声を得ようとした。

 2368年、ラスミュッセンはUSSエンタープライズ(NCC-1701-D)を訪れ、未来の歴史家を名乗った。彼は陽気でエキセントリックな態度で、乗組員は当初、彼を信じるのに苦労し、未来への質問も避けられた。しかし、最終的にジャン=リュック・ピカード大佐はラスミュッセンに、エンタープライズDが助けようとしている惑星に対する行動の助言を求めた。ラスミュッセンは惑星を助けると第二のアドルフ・ヒトラーカーン・ノニエン・シンが生まれるかもしれないと主張して、自身の嘘を隠した。

 この間、ラスミュッセンは彼の時代に密輸する為にフェイザー銃を含む様々な物を盗んだ。彼はドクタービバリー・クラッシャーに夢中なったが、彼女の気持ちは振り向かなかった。彼はまた、データ少佐を誘拐しようと試みたが、彼が利用しようとしたフェイザーを非アクティブ化されていた。エンタープライズDの上級士官が、彼に強盗について尋ね彼の嘆願にも関わらず、ピカードはウォーフにラスミュッセンを逮捕するよう命じた。タイム・ポッドは消滅し、彼は未来に残されてしまった。ウォーフはラスミュッセンを営倉に連れて行き、ピカードは彼に24世紀に歓迎し、「あなたの話に正当な歴史家達が興味を持っている」と述べた。(TNG:26世紀のタイム・トラベラー

 2372年、ウォーフがディープ・スペース・9保安の不備を訴えた時、オドーはウォーフにラスミュッセンのケースを挙げた。(DS9:ロムの反乱

付録

背景

Rasmussen was played by actor Matt Frewer.

The character was originally written for Robin Williams, who opted out in order to play Peter Pan in the movie Hook. (Star Trek: The Next Generation Companion, p. 186)

The script for "A Matter of Time" describes Rasmussen as "a kindly-looking human male in his late forties [...] wearing a drab, nondescript jump suit and a baggy 'lab' jacket" [ttp://www.st-minutiae.com/academy/literature329/209.txt]

非正史

Rasmussen appears in the Pocket DS9 novel The Big Game, in which he is released from prison in 2369. He then travels to Deep Space 9, where he participates in a high stakes poker tournament held at Quark's. The novel also mentions that Rasmussen claims to have been on Titanias III during the early 2150s, where he met a Klingon who identified himself as being a member of the House of Duras.

In the Star Trek: Strange New Worlds short story Research, Berlinghoff had the foresight to hide blueprints for the time-travel pod prior to his journey, and is able to retrieve them and successfully rebuild it. He then travels back to the late-20th century, to the home of his ancestor, J. R. Rasmussen. Together, they travel back to 1964, where they relay information about the future to a television writer named Gene Roddenberry. Rasmussen dies sometime before 1999 in an auto accident, while driving to an appointment with producers at Paramount Pictures.

外部リンク