Memory Alpha
(ヒューマノイドでない種族項目追加)
(カテゴリの変更)
19行目: 19行目:
 
===ヒューマノイドでない種族===
 
===ヒューマノイドでない種族===
 
 前述の理由から、この天の川銀河に住む知的種族にはヒューマノイドが多い。しかし当然ながら少数派の非ヒューマノイド種族も存在する。非ヒューマノイド種族には、[[ソリア]]、[[生命体8472]]、[[創設者]]、[[管理者]]などがいる。
 
 前述の理由から、この天の川銀河に住む知的種族にはヒューマノイドが多い。しかし当然ながら少数派の非ヒューマノイド種族も存在する。非ヒューマノイド種族には、[[ソリア]]、[[生命体8472]]、[[創設者]]、[[管理者]]などがいる。
[[Category:生物]]
+
[[Category:生物]]

2009年4月23日 (木) 23:39時点における版


ファイル:Progenitor.jpg

古代のヒューマノイド種族

ヒューマノイドの遺伝子は,互いによく似ています。-データ少佐


 ヒューマノイド(Houmanoid)とは、2足歩行可能な知的生命体のことである。ヒューマノイドは一般的に哺乳類であり、多くのMクラス惑星で共通している。ヒューマノイドは2つの性別を持つことが多い。銀河系でよく知られているヒューマノイドとしては、アンドリア人ベタゾイド人ボリア人ベイジョー人カーデシア人ヒロージェンクリンゴン人人類ロミュラン人及びヴァルカン人等がある。

 それぞれの母星の距離が広大であるにもかかわらず、多くのヒューマノイドの外形と遺伝子情報は顕著な共通点を持つ。これらの類似性は、約40億年前に共通の祖先が生存していた証拠であると信じられていた。

 この古代のヒューマノイド種族は多くのMクラスの惑星に遺伝子情報の種をまき、そこからさまざまなヒューマノイドが進化していった。

 この科学史上の大発見をしたのが、地球の考古学者であるリチャード・ガレン教授であった。教授はそれぞれのヒューマノイドのDNA配列に類似点があることに気づき、これが古代の種族が残したパズルではないかと考えた。

 DNA配列をタンパク質連鎖の適合性をもとに組み直すと精巧なコンピューター・プログラムとなり、これは古代の種族が子孫に残した平和と親善のメッセージであった。このメッセージは、2369年に惑星連邦クリンゴン帝国ロミュラン帝国及びカーデシア連合の協力によって組み立てられ、この銀河系に住む多くのヒューマノイドは、外見が違ってもみな家族であることが確認された。(TNG:命のメッセージ)


ヒューマノイドでない種族

 前述の理由から、この天の川銀河に住む知的種族にはヒューマノイドが多い。しかし当然ながら少数派の非ヒューマノイド種族も存在する。非ヒューマノイド種族には、ソリア生命体8472創設者管理者などがいる。