Fandom


Help icon  コンテンツ → 編集

 Wikiの最大の特徴は、記事を作成もしくは編集するのが簡単であるという点です。HTMLに関する知識は一切必要なく、テキストを入力してアップロードすれば自動的にHTML表示することができます。

 事実、あなたはページ右上の「編集」というボタンをクリックするだけですぐに記事の編集を開始することができるのです。編集の練習がしたい場合はサンドボックスで練習してみてください。

 しかし、いくら簡単といっても最低限のWiki構文を使えないと美しい記事を仕上げることはできないでしょう。Wiki構文の使い方ガイドラインを以下に掲載します。

マークアップ 編集

 ただの文章だけではなく、Wikitextと呼ばれるWiki独特の構文を使用することで様々な表示を行うことができます。通常、これをマークアップと呼びます。これもHTMLコードを使用する必要はなく、目的に合わせたマークアップの使い方は以下の四つの記事で扱います。

編集内容の要約 編集

 編集画面のすぐ下に、「編集内容の要約」というボックスを見つけることができるでしょう。これは、あなたが編集を行った際にどういった編集を行ったかについて簡潔に記載するためのツールです。Memory Alphaでは編集を行った際には必ずこの項目に記載することがルールとされています。また、ここに記載することによってサイトの更新履歴からどういった編集がされたのかを確認する上で役に立ちます。

細部の編集 編集

 「ページを保存」ボタンの右に「これは細部の編集です」というチェックボックスを見つけることができるでしょう。これを使用するための厳密なルールはありません。慣例では「誤字脱字の修正、リンク切れ修正、文体修正」等といった記事の内容に直結しないわずかな編集に対して使用します。

 設定を行うことにより、このチェックボックスにチェックされた編集をサイトの更新履歴に表示させなくすることができます。また、アカウントを取得したユーザのみがこの機能を利用することができます。

ヘルプ
ビジュアルエディタ

ビジュアルエディタ

クラシックエディタ

クラシックエディタ

編集 (へんしゅう、Editing) は、ページ上の「編集」(Edit) ボタンをクリックすると編集ページが開き、ページの編集・更新を始めることができます。

Fandomにログインしているかどうかによって編集できる内容が変わってきます。

ヘルプ:ビジュアルエディタ
ほとんどの未登録ユーザーと新規ユーザーは、変更の正確なビジュアル表現を基礎にした完全に新しい編集エクスペリエンスのビジュアルエディタ (VisualEditor) に触れているでしょう。
ヘルプ:クラシックエディタ
その他のユーザーはクラシックエディタに触れます。 - クラシックエディタには古いビジュアル編集のエクスペリエンスと基礎的なソース・Wikiテキスト編集があります。

クイックTIPS

エディタに入るとすぐに、情報を即座に追加/削除、フォーマットの変更、新しいメディアの追加、ページのレイアウトの更新などができるツールが利用できます。 変更が終ってから「公開」(Publish) ボタンを押してページを更新して下さい。

何かを「壊している」のではないかというような恐れを抱かないでください。ページの編集はすべてページ履歴に保存され、もしなにかが間違っていた場合は、簡単に古いバージョンへリバートすることができます。

エディタの選択

ログインユーザーは個人設定にあるドロップダウンリストからデフォルトのエディタを選択できます (こちらでみつかります)。

設定 内容
各コミュニティの設定に従う
(No preference)
自分が使用しているコミュニティがデフォルトで設定したエディタを表示 - ビジュアルエディタ、クラシック・リッチテキストエディタ、ソースのいずれか。 (注意: この選択はいずれ廃止予定です)
Fandomのビジュアルエディタ すべてのコミュニティでビジュアルエディタを表示
Fandomのクラシック・リッチテキストエディタ すでに有効になっているクラシック・リッチテキストエディタを表示。もし有効出ない場合は、ソースエディタが表示されます。
ソースエディタ
(Source editor)
すべてのコミュニティで基本的なソースエディタを表示

Wikiフィーチャーズのスイッチはローカルの管理者によって切り替えることができ、ログインユーザーのデフォルトのエディタを変更できます。未登録ユーザーは通常は常にデフォルトでビジュアルエディタが表示されます。

さらに、他のエディタは「編集」ボタンのドロップダウンから見つけることができます - 例えば、もしビジュアルエディタがデフォルトであっても、ドロップダウンからクラシックエディタにアクセスすることができます。

その他の編集Tips

  • 「プレビュー」を利用すると、保存した場合にどのように表示されるかを確認できるため、誤字脱字や操作ミスなどにより何度も編集する手間を省けます。これを活用してなるべく一度の保存で終わらせられるようにしましょう。
  • 編集画面の下のほう、保存ボタンのそばにある"要約"ボックスで、行った編集について簡単に説明しましょう。ここに入れる文章は短くてかまいません。たとえば、「導入部を追加しました」などです。
  • ログインしている場合、"これは細部の編集です"チェックボックスで編集を「細部の編集」にすることができます。これは他のユーザーや編集者にあなたの編集が微細なもの(誤字脱字の修正・スタイルの微調整など)であると知らせることができます。
  • 「ユーザー:」(または「User:」や「利用者:」) で始まるページは個人用のページで、アカウントを持っていれば、「ユーザー:[あなたのアカウント名]」というタイトルのページで自己紹介やFandomでの活動など個人的な内容を記録できます。他のアカウントのユーザーページに手を加えるのはトラブルの原因となりやすいため、事前に断りを入れるか、編集してもよいと明言されている場合のみに限るのが望ましいでしょう。詳しくは、ヘルプ:プロフィールをご覧ください。

次の手順

その他のヘルプとフィードバック

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-NC ライセンスの下で利用可能です。