Memory Alpha
Memory Alpha
3,150
ページ
ベイジョラン
リータ ベイジョラン女性
ヴェデクバライル ベイジョラン男性司祭
ベイジョランのシンボル

 ベイジョラン(Bajoran)[1]もしくはベイジョー人とは、アルファ宇宙域惑星ベイジョー母星とするヒューマノイド種族である。非常に古くから栄えた平和な種族であったが、カーデシアによって征服され搾取されたという過去を持ち、ベイジョー・ワームホールの発見に伴い、恒星間の歴史上重要な種族として位置づけられている。

生理学的特徴[]

ベイジョーの頭蓋骨のスキャン画像

 ベイジョーの外見は人類と酷似しているが、鼻から額にかけて特徴的な隆起がある。また、肌の色も人類同様白人と僅かな黒人がいる。(DS9:帰って来た英雄・パート1
 身体構造の特徴として、ベイジョーの心臓は人類とは違い体の中央に位置している。心室中心に穴があくと即死につながる。
 また、妊娠に関しては人類とは大きな違いがある。母親と胎児の間には複雑な網の様な血管が張り巡らされ、ベイジョー女性は僅か五ヶ月で出産をする。ベイジョー女性はつわりの代わりにくしゃみが出るのも特徴である。(TNG: ボーグ変質の謎・前編DS9: 宇宙ステーション殺人事件クワーク、絶体絶命クワークの再婚

歴史[]

ベイジョランの歴史及びベイジョー星の歴史も参照

古代ベイジョー[]

 24世紀現在から数えて、ベイジョー人の歴史は遥か50万年前まで遡る。古代ベイジョー人は科学、数学、哲学及び芸術における分野で発達した種族として有名であった。ベイジョー文明の最初の国家は第一共和国と呼ばれており、それは約2万年前から2万5千年前に栄えた。この間にバハラ等の有名な古代都市が建造された。
 ベイジョー文明の次の大きな発展は、ベイジョーで最初の預言者発光体が発見されたおよそ1万年前に始まった。これらの発光体はベイジョーの神である預言者との精神的に結ばれた新時代の到来を告げるものだった。
 16世紀には亜光速宇宙船を開発しており、それらのソーラー・セイル船を用いてベイジョー星系内を調査していた。
 また、数名のベイジョー人探検者はさらに数光年遠方のカーデシア星系へも到達していたことがわかっている。
 この繁栄は2319年にカーデシアに占領されることによって終わりを迎えた。(TNG: 流浪のベイジョー星人DS9: 預言者シスコ聖なる神殿の謎夢の古代船

カーデシア占領期[]

Jean-Luc Picard, 2364.jpg この記事は書きかけだ。是非とも、この記事に加筆してみて欲しい。記事を書く際は、画面上部の「編集」をクリックするように。

ベイジョー独立[]

政府[]

政府機関[]

宗教と精神性[]

言語[]

文化と社会[]

名前[]

出産[]

儀式の習慣[]

音楽[]

祝日と祭り[]

飲食物[]

並行世界[]

人物[]

関連項目[]

技術[]

付録[]

注釈[]

  1. TNGの『TNG: 流浪のベイジョー星人』、DS9の『DS9: 聖なる神殿の謎』、『DS9: 宇宙ステーション殺人事件』では「Bajora」という言葉が使われたが以降は使われることがなかった。