ベイジョー共和国(Bajoran Republic)は、2369年にカーデシア占領軍の撤退に伴い設立されたベイジョラン人民による政府である。もともと、ベイジョー臨時政府(Bajoran Provisional Government)と知られていた。この政府は、カーデシア占領下のベイジョー占領政府を引き継いで設立されたものだった。

機構[編集 | ソースを編集]

 政府の首班は首相として知られていた。首相は6年毎に選出される。(DS9: シャカールの乱
 ベイジョー議会には多くの大臣閣議があった。(DS9: 反逆のテレパス・エネルギー流動体生物の秘密帰って来た英雄・パート1預言者シスコプレゼント大作戦
 大臣の中でも上位の者が国務大臣であった。(DS9: 謎のカーデシア星人

宗教指導者との関係[編集 | ソースを編集]

 ベイジョーの宗教指導者たちは世俗のことである政治に関しても政府と同等の権威を持っていた。ヴェデク議会は大きな影響力を持っており、傑出したヴェデクにより条約締結交渉のような政治分野の活動が行われることもしばしばあった。(DS9: バライルの死

Jean-Luc Picard, 2364.jpg この記事は書きかけだ。是非とも、この記事に加筆してみて欲しい。記事を書く際は、画面上部の「編集」をクリックするように。

政府機関と研究所[編集 | ソースを編集]

歴史[編集 | ソースを編集]

最初の年[編集 | ソースを編集]

物騒な時代[編集 | ソースを編集]

ドミニオン戦争[編集 | ソースを編集]

[編集 | ソースを編集]

経済[編集 | ソースを編集]

主要人物[編集 | ソースを編集]

付録[編集 | ソースを編集]

外部リンク[編集 | ソースを編集]

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-NCライセンスの下で利用可能です。