Fandom


 ベイジョー占領政府(Bajoran Occupational Goverment)はカーデシア占領下のベイジョー政府であった。後のベイジョー臨時政府(最終的にはベイジョー共和国)同様、ヴェデク議会は占領政府でも権威を有していた。しかしながら、占領下にあった当時は政府としての実権はほぼ無かった。当時の長官クバス・オークはカーデシア占領軍とベイジョー政府の間の渉外係であったが、プライラーベクはヴェデク議会とカーデシア軍の間で同様の役割を演じた。(DS9: 密告者

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-NC ライセンスの下で利用可能です。