Fandom


 ホシ・サトウ(Hoshi Sato)は、地球初のワープ5宇宙船である「エンタープライズ(NX-01)」の通信士官及び儀典士官である。彼女は、通信士官として、様々な異星語を翻訳する仕事に携わった。そして2161年にエンタープライズを降りたのち、30代後半で宇宙言語の翻訳マトリックスを完成させた。そのマトリックスは、惑星連邦船に採用されている。

略歴編集

2129年7月9日  日本京都において3人の兄弟の2番目として誕生。
2151年     エンタープライズ(NX-01)の通信・儀典士官に就任。
2161年     エンタープライズの退役とともに船を下りブラジルに戻る。
2160年代    タカシ・キムラと結婚、宇宙言語の翻訳マトリックスの完成。
2246年     タルサス4号星にてコドスに殺される。

エンタープライズ乗船まで編集

 ホシ・サトウは2129年7月9日、日本の京都で、3人の兄弟の2番目として誕生した。

Jean-Luc Picard, 2364 この記事は書きかけだ。是非とも、この記事に加筆してみて欲しい。記事を書く際は、画面上部の「編集」をクリックするように。


エンタープライズでの初乗務編集

ズィンディミッション編集

連邦成立まで編集

その後の人生編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-NC ライセンスの下で利用可能です。