Memory Alpha

編集中:

ポールソン星雲

1
  • この編集を取り消す前に、以下の差分を確認してください。保存すると、この版での変更部分を取り消せます。 荒らし以外の編集を取り消す場合…
最新版 編集中の文章
1行: 1行:
 
[[File:Paulson Nebula.jpg|thumb|ポールソン星雲]]
 
[[File:Paulson Nebula.jpg|thumb|ポールソン星雲]]
 '''ポールソン星雲'''(Paulson Nebula)は[[惑星連邦]]領域に存在する星雲で、[[ゼータ・アルファ2号星]]と[[センティネル・マイナー4号星|センチネル・マイナー4号星]]を結ぶ交易航路間の付近に位置する。星雲には渦巻く塵や岩石と物質の塊が含まれており、[[宇宙船]]の[[航行]]に支障があった。
+
 '''ポールソン星雲'''(Paulson Nebula)は[[惑星連邦]]領域に存在する星雲で、[[ゼータ・アルファ2号星]]と[[センチネル・マイナー4号星]]を結ぶ交易航路間の付近に位置する。星雲には渦巻く塵や岩石と物質の塊が含まれており、[[宇宙船]]の[[航行]]に支障があった。
   
 
 [[2366年]]、[[USSエンタープライズ(NCC-1701-D)]]は追ってくる[[ボーグ・キューブ]]から隠れるためにポールソン星雲を利用した。エンタープライズは低[[インパルス]]で星雲に入らなければならず、星雲内部は高密度でインパルス速度で遠くへ移動するのは困難だった。星雲は82%が[[ダイリチウム水酸基]]、[[マグネシウム]]、[[クロム]]で構成されていて、ボーグの[[センサー]]からエンタープライズを隠すスクリーンの効果があったので、エンタープライズは高密度な渦雲セクションに居続けた。ボーグはスキャンをして状況に適応し続けた。最終的にはボーグは[[磁気測定誘導電荷]]を送り込んだためエンタープライズは星雲から離れざるを得なくなった。({{TNG|浮遊機械都市ボーグ・前編}})
 
 [[2366年]]、[[USSエンタープライズ(NCC-1701-D)]]は追ってくる[[ボーグ・キューブ]]から隠れるためにポールソン星雲を利用した。エンタープライズは低[[インパルス]]で星雲に入らなければならず、星雲内部は高密度でインパルス速度で遠くへ移動するのは困難だった。星雲は82%が[[ダイリチウム水酸基]]、[[マグネシウム]]、[[クロム]]で構成されていて、ボーグの[[センサー]]からエンタープライズを隠すスクリーンの効果があったので、エンタープライズは高密度な渦雲セクションに居続けた。ボーグはスキャンをして状況に適応し続けた。最終的にはボーグは[[磁気測定誘導電荷]]を送り込んだためエンタープライズは星雲から離れざるを得なくなった。({{TNG|浮遊機械都市ボーグ・前編}})
  エディタを読み込んでいます

プレビュー

モバイル

PC