Fandom


Will and Kyle Riker

マッキンリー山を背景にしたウィルカイル・ライカーの写真

 マッキンリー山(Mount McKinley)はアラスカにある地球北アメリカ大陸で最も高い標高地点である。

 2151年ジョナサン・アーチャー大佐エンタープライズ(NX-01)フェイズ砲で吹き飛ばしたある小惑星の山をマッキンリー山ぐらいの大きさだと思った。(ENT: 言葉なき遭遇

 2153年9月NX計画のテストパイロットであったA・G・ロビンソンはマッキンリー山を登山中に遭難して死亡した。(ENT: 運命の飛行

背景 編集

  • 2015年、アメリカ合衆国政府はマッキンリー山をアサバスカン族の呼称である「デナリ」に改称することを発表した。

外部リンク 編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-NC ライセンスの下で利用可能です。