Fandom


同じ20世紀に運用されていた別の船については、ドゥヴァール型を参照。

 ヴァルカン調査艦(Vulcan survey ship)はヴァルカン最高司令部によって20世紀半ばに調査任務に使用された宇宙艦である。

 この艦が1957年地球ペンシルベニアカーボンクリーク郊外に墜落したことはヴァルカン科学評議会及び宇宙評議会で記録されていたが、人類の間では知られていなかった。

 この艦は地球最初の人工衛星スプートニクの調査のため派遣されたが、調査3週間目に艦のインパルス・マニフォルドが誤作動を起こし、クルーたちは緊急着陸を余儀なくされた。結果として艦長は死亡し、トゥミアが指揮を引き継いだ。トゥミアのほかに、ストロンメストラルという生存者がいた。(ENT:スプートニクの飛んだ夜に

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-NC ライセンスの下で利用可能です。