(リンク修正)
タグ: sourceedit
(訂正 ビュー・スクリーン→ビュースクリーン)
タグ: sourceedit
 
1行目: 1行目:
 
[[File:jemhadar_hud.jpg|thumb|right|ヴァーチャル・ディスプレイ・デバイス]]
 
[[File:jemhadar_hud.jpg|thumb|right|ヴァーチャル・ディスプレイ・デバイス]]
 
[[File:jemhadar_hud_view.jpg|thumb|right|ヘッドセット・ビュー]]
 
[[File:jemhadar_hud_view.jpg|thumb|right|ヘッドセット・ビュー]]
 '''ヴァーチャル・ディスプレイ・デバイス'''(Virtual display devices)は[[ドミニオンの軍艦]]内で使われる携帯装置。殆どのドミニオンの[[宇宙艦]]で[[ビュースクリーン]]の代わりに用いられた。
+
 '''ヴァーチャル・ディスプレイ・デバイス'''(Virtual display devices)は[[ドミニオンの軍艦]]内で使われる携帯装置。殆どのドミニオンの[[宇宙艦]]で[[ビュースクリーン]]の代わりに用いられた。
   
 
 少なくとも2つのモデルがあり、[[ジェムハダー戦闘機]]で使われた小型のヘッドセット型と、[[ジェムハダー戦艦]]で使われた大型のショルダー・マウント型があった。[[ドミニオン]]艦には通常[[ヴォルタ]]の司令官と[[ジェムハダー]]の[[ファースト]]用の2個のディスプレイ・デバイスが装備されていた。
 
 少なくとも2つのモデルがあり、[[ジェムハダー戦闘機]]で使われた小型のヘッドセット型と、[[ジェムハダー戦艦]]で使われた大型のショルダー・マウント型があった。[[ドミニオン]]艦には通常[[ヴォルタ]]の司令官と[[ジェムハダー]]の[[ファースト]]用の2個のディスプレイ・デバイスが装備されていた。
   
 ヴァーチャル・ディスプレイ・デバイスは着用者が首を動かすだけで、[[エリム・ガラック]]が言うところの「脳内にビュースクリーンがある」ように艦の周囲の空間を表示する機能を持っていた。
+
 ヴァーチャル・ディスプレイ・デバイスは着用者が首を動かすだけで、[[エリム・ガラック]]が言うところの「脳内にビュースクリーンがある」ように艦の周囲の空間を表示する機能を持っていた。
   
 
 このデバイス自体は、ヴォルタとジェムハダーが着用するように設計されていた。それ以外の種族が着用すると副作用があり、症状の一つとして[[人類]]が長時間使用すると[[頭痛]]を引き起こした。[[カーデシアン]]と[[ベイジョラン]]はヘッドセットを使用しても問題ない様子であった。({{DS9|神の船|DS9撤退の日|明日なき撤退|嵐に立つ者たち}})
 
 このデバイス自体は、ヴォルタとジェムハダーが着用するように設計されていた。それ以外の種族が着用すると副作用があり、症状の一つとして[[人類]]が長時間使用すると[[頭痛]]を引き起こした。[[カーデシアン]]と[[ベイジョラン]]はヘッドセットを使用しても問題ない様子であった。({{DS9|神の船|DS9撤退の日|明日なき撤退|嵐に立つ者たち}})

2015年2月22日 (日) 23:02時点における最新版

ファイル:Jemhadar hud.jpg

ヴァーチャル・ディスプレイ・デバイス

ヘッドセット・ビュー

 ヴァーチャル・ディスプレイ・デバイス(Virtual display devices)はドミニオンの軍艦内で使われる携帯装置。殆どのドミニオンの宇宙艦ビュースクリーンの代わりに用いられた。

 少なくとも2つのモデルがあり、ジェムハダー戦闘機で使われた小型のヘッドセット型と、ジェムハダー戦艦で使われた大型のショルダー・マウント型があった。ドミニオン艦には通常ヴォルタの司令官とジェムハダーファースト用の2個のディスプレイ・デバイスが装備されていた。

 ヴァーチャル・ディスプレイ・デバイスは着用者が首を動かすだけで、エリム・ガラックが言うところの「脳内にビュースクリーンがある」ように艦の周囲の空間を表示する機能を持っていた。

 このデバイス自体は、ヴォルタとジェムハダーが着用するように設計されていた。それ以外の種族が着用すると副作用があり、症状の一つとして人類が長時間使用すると頭痛を引き起こした。カーデシアンベイジョランはヘッドセットを使用しても問題ない様子であった。(DS9: 神の船DS9撤退の日明日なき撤退嵐に立つ者たち

背景情報[編集 | ソースを編集]

 これはカーデシア人がドミニオンに加わったため、彼らが着用できるように設計されていた可能性がある。

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-NC ライセンスの下で利用可能です。