(startrekdvdjpに準拠、フォーマット)
(リンク・エピソードリンク修正)
タグ: sourceedit
 
2行目: 2行目:
 
 '''ヴァーティオン'''(Vertion)とは[[素粒子]]の一つであり、自然界では[[白色矮星]]のみから採取可能である。
 
 '''ヴァーティオン'''(Vertion)とは[[素粒子]]の一つであり、自然界では[[白色矮星]]のみから採取可能である。
   
 [[宇宙暦]]47869.2、エンタープライズは[[マグナスコープ嵐]]を通過したことで、艦内において[[人工知的生命体]]が生まれた。この生命体は自らのエネルギー源にヴァーティオン素粒子を必要としたため、エンタープライズを[[タンボー・ベータ6号星]]に移動させた。
+
 [[宇宙暦]]47869.2、エンタープライズは[[マグナスコープ嵐]]を通過したことで、艦内において[[人工知的生命体]]が生まれた。この生命体は自らのエネルギー源にヴァーティオン素粒子を必要としたため、エンタープライズを[[タンボー・ベータ6]]に移動させた。
   
 また、[[超新星]]の残骸によって形成された[[星雲]]や、[[パルサー]]に向けて調整済みの[[光子魚雷]]を発射することで人工的にヴァーティオン素粒子を作り出すことも可能である。([[TNG:知的生命体“エンタープライズ”]]
+
 また、[[超新星]]の残骸によって形成された[[星雲]]や、[[パルサー]]に向けて調整済みの[[光子魚雷]]を発射することで人工的にヴァーティオン素粒子を作り出すことも可能である。({{TNG|知的生命体“エンタープライズ”}}
   
   

2016年2月14日 (日) 21:56時点における最新版

調整したトラクター・ビームを使ってマクファーソン星雲からヴァーティオン粒子を収集するエンタープライズ。

 ヴァーティオン(Vertion)とは素粒子の一つであり、自然界では白色矮星のみから採取可能である。

 宇宙暦47869.2、エンタープライズはマグナスコープ嵐を通過したことで、艦内において人工知的生命体が生まれた。この生命体は自らのエネルギー源にヴァーティオン素粒子を必要としたため、エンタープライズをタンボー・ベータ6に移動させた。

 また、超新星の残骸によって形成された星雲や、パルサーに向けて調整済みの光子魚雷を発射することで人工的にヴァーティオン素粒子を作り出すことも可能である。(TNG: 知的生命体“エンタープライズ”

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-NC ライセンスの下で利用可能です。