Fandom


Mret (vice-proconsul)

ムレット副総督

 副総督(Vice-proconsul)は、ロミュラン上院議会における政務長官総督に次ぐ役職である。

 2360年代後半、ムレットはロミュラン上院議会において副総督の役職に就いていた。2369年、彼はロミュラン政府の抑圧的な政策に対して批判的であったため政府によって捕らえられる危険が迫った。そのため、スポック大使ロミュラン地下運動の助けで、二人の補佐官と共に惑星連邦に亡命した。(TNG: ロミュラン帝国亡命作戦

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-NC ライセンスの下で利用可能です。