(Captainbond がページ「VOY:呪われた12デッキ」を「呪われた12デッキ(エピソード)」へと移動しました:Upgrade)
(記事を追記)
タグ: rte-source
 
16行目: 16行目:
 
| 西暦 = 不明([[2376年]]か[[2377年]])
 
| 西暦 = 不明([[2376年]]か[[2377年]])
 
}}
 
}}
 停電中、ニーリックスは子供たちのために怖い話をる。
+
 とあるJクラスの星雲に入り、ヴォイジャーは停電状態になった。ニーリックスは貨物室にいる子供たちのため、およそ5ヶ月前起きた出来事を基にした怖い話を始める。
   
 
{{stub}}
 
{{stub}}
23行目: 23行目:
 
 第12デッキの「幽霊」を描くのには『{{VOY|巨大ウイルス}}』でジェインウェイがホロデッキに爆弾を投げ込んだ時のグラフィックと同じ特殊効果が使用された。その時は緑色の煙だったが今回はオレンジ色にされた。
 
 第12デッキの「幽霊」を描くのには『{{VOY|巨大ウイルス}}』でジェインウェイがホロデッキに爆弾を投げ込んだ時のグラフィックと同じ特殊効果が使用された。その時は緑色の煙だったが今回はオレンジ色にされた。
 
===連続性===
 
===連続性===
*『{{VOY|自立への旅}}』に登場した[[タル・セレス]]が再登場し
+
*『{{VOY|自立への旅}}』に登場した[[タル・セレス]]がニーリックスの回想の中で再登場するが、時系列とては、このエピソードに登場するタルはまだ船外任務を経験していないことになる
   
 
{{Episode nav|シリーズ=VOY
 
{{Episode nav|シリーズ=VOY
31行目: 31行目:
 
}}
 
}}
   
[[Category:VOYエピソード]]
 
   
 
[[cs:The Haunting of Deck Twelve]]
 
[[cs:The Haunting of Deck Twelve]]
39行目: 38行目:
 
[[fr:The Haunting of Deck Twelve (épisode)]]
 
[[fr:The Haunting of Deck Twelve (épisode)]]
 
[[nl:The Haunting of Deck Twelve]]
 
[[nl:The Haunting of Deck Twelve]]
 
[[Category:VOYエピソード]]

2016年6月19日 (日) 21:51時点における最新版

現実世界
(制作視点での記事)

呪われた12デッキ
"The Haunting of Deck Twelve"

VOY シーズン 6
制作順No.245
本国初放映2000年5月17日、第143話
Neelix tells a ghost story.jpg
脚本マイク・サスマン
ケネス・ビラー
ブライアン・フラー
ストーリーマイク・サスマン
監督デヴィッド・リヴィングストン
西暦 不明(2376年2377年

 とあるJクラスの星雲に入り、ヴォイジャーは停電状態になった。ニーリックスは貨物室にいる子供たちのため、およそ5ヶ月前に起きた出来事を基にした怖い話を始める。

Jean-Luc Picard, 2364.jpg この記事は書きかけだ。是非とも、この記事に加筆してみて欲しい。記事を書く際は、画面上部の「編集」をクリックするように。


背景[編集 | ソースを編集]

 第12デッキの「幽霊」を描くのには『VOY: 巨大ウイルス』でジェインウェイがホロデッキに爆弾を投げ込んだ時のグラフィックと同じ特殊効果が使用された。その時は緑色の煙だったが今回はオレンジ色にされた。

連続性[編集 | ソースを編集]

  • VOY: 自立への旅』に登場したタル・セレスがニーリックスの回想の中で再登場するが、時系列としては、このエピソードに登場するタルはまだ船外任務を経験していないことになる。
前エピソード
ジマーマン博士の屈辱
ヴォイジャー
シーズン 6
次エピソード
聖域ユニマトリックス・ゼロ・前編
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-NCライセンスの下で利用可能です。