(→‎付録: フォーマット、文調整)
(リンク修正(中将|提督))
 
3行目: 3行目:
 
 '''地球連合大使館'''(United Earth Embassy)は[[22世紀]]に[[ヴァルカン星]]に存在した[[地球連合]]の[[大使館|恒久的外交使節団用施設]]である。地球連合大使館は[[地球連合外交団]]によって運用されており、[[地球連合宇宙艦隊]]からも運用及び支援用の士官が派遣されていた。
 
 '''地球連合大使館'''(United Earth Embassy)は[[22世紀]]に[[ヴァルカン星]]に存在した[[地球連合]]の[[大使館|恒久的外交使節団用施設]]である。地球連合大使館は[[地球連合外交団]]によって運用されており、[[地球連合宇宙艦隊]]からも運用及び支援用の士官が派遣されていた。
   
 [[2154年]]、[[マックスウェル・フォレスト]][[提督]]と[[ヴァルカン]]の[[ソヴァル]][[大使]]は[[地球連合宇宙艦隊]]と[[ヴァルカン最高司令部]]の合同任務の予備段階について協議するために大使館を訪れた。この議論の過程で、大使館は爆破されひどく損傷し、フォレスト提督を含む少なくとも43名が死亡した。爆破は当初、最高司令部によって[[テロリスト]]団体とされていた[[シラナイト]]の仕業であるとされていた。しかし、後に大使館が[[アンドリア帝国]]への先制攻撃の一環として平和主義者の団体であるシラナイトの信用を公然と貶めるために[[ヴラス]]長官のエージェントによって爆破されたことが明らかになった。([[ENT:狙われた地球大使館]]、{{ENT|陰謀の嵐}}、{{ENT|バルカンの夜明け}})
+
 [[2154年]]、[[マックスウェル・フォレスト]][[中将|提督]]と[[ヴァルカン]]の[[ソヴァル]][[大使]]は[[地球連合宇宙艦隊]]と[[ヴァルカン最高司令部]]の合同任務の予備段階について協議するために大使館を訪れた。この議論の過程で、大使館は爆破されひどく損傷し、フォレスト提督を含む少なくとも43名が死亡した。爆破は当初、最高司令部によって[[テロリスト]]団体とされていた[[シラナイト]]の仕業であるとされていた。しかし、後に大使館が[[アンドリア帝国]]への先制攻撃の一環として平和主義者の団体であるシラナイトの信用を公然と貶めるために[[ヴラス]]長官のエージェントによって爆破されたことが明らかになった。([[ENT:狙われた地球大使館]]、{{ENT|陰謀の嵐}}、{{ENT|バルカンの夜明け}})
 
==付録==
 
==付録==
 
 おそらく、この大使館は地球連合の駐ヴァルカン大使の主要な職場として設立されたものと考えられる。
 
 おそらく、この大使館は地球連合の駐ヴァルカン大使の主要な職場として設立されたものと考えられる。

2012年4月1日 (日) 03:27時点における最新版

ヴァルカンの地球連合大使館

テロリストの攻撃の結果

大使館の内部

 地球連合大使館(United Earth Embassy)は22世紀ヴァルカン星に存在した地球連合恒久的外交使節団用施設である。地球連合大使館は地球連合外交団によって運用されており、地球連合宇宙艦隊からも運用及び支援用の士官が派遣されていた。

 2154年マックスウェル・フォレスト提督ヴァルカンソヴァル大使地球連合宇宙艦隊ヴァルカン最高司令部の合同任務の予備段階について協議するために大使館を訪れた。この議論の過程で、大使館は爆破されひどく損傷し、フォレスト提督を含む少なくとも43名が死亡した。爆破は当初、最高司令部によってテロリスト団体とされていたシラナイトの仕業であるとされていた。しかし、後に大使館がアンドリア帝国への先制攻撃の一環として平和主義者の団体であるシラナイトの信用を公然と貶めるためにヴラス長官のエージェントによって爆破されたことが明らかになった。(ENT:狙われた地球大使館ENT: 陰謀の嵐ENT: バルカンの夜明け

付録[編集 | ソースを編集]

 おそらく、この大使館は地球連合の駐ヴァルカン大使の主要な職場として設立されたものと考えられる。

 StarTrek.comの『ENT: 狙われた地球大使館』の制作レポートによると、地球連合大使館はシカーに設立されたらしい。

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-NCライセンスの下で利用可能です。