Fandom


 工業スケール(industrial scale)は異なる惑星の工業発展度を測るために使われる系。

 二つの系が使用されており、一つは少なくとも7段階の数値で表して、高い程工業化が進んでいた。レベル7の惑星の例としてはスカロスが該当した。(TOS: 惑星スカロスの高速人間

 二つ目のものは以下のようにアルファベットで表した。

 23世紀半ば、シグマ・ドラコニス3号星は工業発展度"B"で、シグマ・ドラコニス4号星は"G"であった。(TOS: 盗まれたスポックの頭脳

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-NC ライセンスの下で利用可能です。