新星化するプラクシルス

 新星(nova)は恒星が短期間で急激に明るさを増す現象である。USSエンタープライズ(NCC-1701-D)のクルーはジャン・リュック・ピカード大佐がカターンの探査機の影響を受けている間、カターン星系軌道上で約1000年前に新星化が起きた時に惑星上の全生命体は滅んだと判断した。(TNG: 超時空惑星カターン

 ティムソン博士プラクシルスを再点火する実験を行った時、彼の計算はいくつかの変数に誤算があったためプラクシルスは新星化した。(TNG: 決別の儀式

外部リンク

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-NC ライセンスの下で利用可能です。