現実世界
(制作視点での記事)

消滅惑星ゼータの攻撃
"The Lights of Zetar"

TOS シーズン 3
制作順No.60043-73
本国初放映1969年1月31日、第73話
Memory Alpha technicians and landing party.jpg
脚本ジェレミー・ターチャー
シャリ・ルイス
監督ハーブ・ケニス
宇宙暦/西暦 5725.3/2269年

 小惑星メモリー・アルファで、エンタープライズの一人のクルーが謎のエネルギー生命体に乗っ取られる。

背景

リマスター版

 このエピソードでは特にゼータリアンメモリー・アルファの場面に新しい効果が使われた。メモリー・アルファの新しい外見ではライブラリ施設が見えるようになった。

 マイケル・オクダ曰く、「窓の大きさと間隔に基づいて、私はドーム一つ一つがスーパードームに似ているに違いないと見積もった」。また、「一番左のドームをとてもよく見れば、そのドームの天辺に小さな青いパッチがあるのに気付くだろう。それはメモリー・アルファのエンブレムだ」。[1]

前エピソード 宇宙大作戦
シーズン 3
次エピソード
制作順: TOS: 長寿惑星ギデオンの苦悩
日本放映順: TOS: 長寿惑星ギデオンの苦悩
本国放映順: TOS: 無人惑星の謎
制作順: TOS: 惑星アーダナのジーナイト作戦
日本放映順: TOS: 惑星アーダナのジーナイト作戦
本国放映順: TOS: 6200歳の恋
TOS: 長寿惑星ギデオンの苦悩 スタートレック:宇宙大作戦
(デジタル・リマスター版)
TOS: 自由の惑星エデンを求めて
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-NC ライセンスの下で利用可能です。