Memory Alpha
Advertisement
現実世界
(制作視点での記事)

血の誓い
"Blood Oath"

DS9 シーズン 2
制作順No.40512-439
本国初放映1994年3月27日、第38話
Kang2370.jpg
脚本ピーター・アラン・フィールズ
監督ウィンリック・コルビー
西暦 2370年

 三人の老クリンゴン戦士がディープ・スペース・9に集い、かつて戦士の長子たちを殺した敵に対する復讐をともに約束した血の誓いを果たすため、クルゾン・ダックスを探しにやってくる。そして、ダックスを受け継いだジャッジアのなかに戦士としてのクルゾンの面影を認め、クリンゴン戦士の仇討ちに加える。

Jean-Luc Picard, 2364.jpg この記事は書きかけだ。是非とも、この記事に加筆してみて欲しい。記事を書く際は、画面上部の「編集」をクリックするように。

背景[]

  • ピーター・アラン・フィールズによる元来のストーリーはタイトルが"The Beast"であり、カーンコールコロスではなく新しいキャラクターが登場するものであったが、『宇宙大作戦』の大ファンであるロバート・ヒューイット・ウォルフの提案により有名なクリンゴンの三人が起用されることになった。"The Beast"のストーリーは1954年の黒澤明の映画『七人の侍』及びその翻案作品である1960年のジョン・スタージェスの映画『荒野の七人』がベースになっている。それぞれのキャラクター造形はコロスをジェームズ・コバーン演じる『荒野の七人』の登場人物ブリット、カーンをユル・ブリンナー演じるアダムズ、そしてコールはウィリアム・シェイクスピアの作品『ヘンリー四世 第2部』に登場するフォルスタッフを元にしている。(Star Trek: Deep Space Nine Companion
前エピソード
クワークの愛
ディープ・スペース・ナイン
シーズン 2
次エピソード
戦争回避・前編
Advertisement