Fandom


Excalbia

Eクラス惑星エクスカルビア

 Eクラス(Class E)は、ジオプラスチック(Geoplastic)とも呼ばれる惑星クラス分類の一つ。誕生して0から20億年程経った比較的若い惑星で、直径は1万から1万5000km程のものが多く恒星からの距離は生物生存可能圏内が多い。地表は融解し高温であり、大気は水素化合物のほか反応しやすい気体に覆われている。地表の温度が下がって行くとFクラスになる。生物は炭素サイクルの生物が存在する場合がある。(Star Trek: Star ChartsTOS:未確認惑星の岩石人間

Eクラスに属する惑星編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-NC ライセンスの下で利用可能です。