Fandom


 Gクラス(Class G)は、ジオクリスタリン(Geocrystalline)とも呼ばれる惑星クラス分類の一つ。誕生して30から40億年程経ったFクラスから進化した惑星。直径は1万から1万5000km程の惑星が多く恒星からの距離は生物生存可能圏内が多い。内部や地表は物質が結晶化して岩石になりつつある、大気は二酸化炭素や生物に有毒な物質に覆われている。地表の温度が冷えて行くとKクラスLクラスMクラスNクラスOクラスPクラスのいずれかになり多くの生物に適した環境になる。生物は原始的な単細胞生物が存在する場合がある。(Star Trek: Star Charts

Gクラスに属する惑星編集

背景編集

 Gクラスは劇中で言及されたことはない。

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-NC ライセンスの下で利用可能です。