Fandom


 IRWベラック(IRW Belak)はロミュランディデリデクス級ウォーバードで、タル・シアー24世紀後半に運用していた。ベラックの遮蔽装置ワープ6ならばドミニオンセンサーに察知されないように改造されていた。

 2371年オマリオン星雲の戦いで、ベラックはドミニオンに先制攻撃をかけるため編成されたタル・シアー/オブシディアン・オーダーの連合艦隊に参加し創設者の母星を攻撃した。最初の戦闘でベラックは待ち構えていたドミニオン軍の攻撃を受けてメインパワーを喪失し、続く攻撃に艦は破壊された。(DS9: 姿なき連合艦隊・後編)  


外部リンク 編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-NC ライセンスの下で利用可能です。