Memory Alpha
Memory Alpha
3,150
ページ
Help  コンテンツ → ヘルプ:テーブル・マークアップ

 ここでは、基本的なテーブル(表)を使用するためのWiki構文について扱っています。

テーブル[]

 テーブルは以下の様に定義します。

  {| params
  |}

 paramsの代わりに、HTMLテーブルで使用する様々なパラメータを置くことができます。Memory Alphaで一般的に使用されるパラメータはclass="grey"です。HTML構文の<table></table>に相当します。

注意:構文のルールとして、{|とパラメータ名の間には半角スペースを空ける必要があります。

キャプション[]

 キャプションは以下の様に定義します。

  |+ caption

 captionの部分に入力した文字がテーブルの見出しとして表示されます。これは省略することも可能です。HTML構文の<caption></caption>に相当します。

[]

 セルの行は以下の様に定義します。

  |- params

 paramsの部分に記載している内容が行の中に記載される文字列となります。尚、{|の次にくる最初の行に限って、|-を省略できます。HTML構文の<tr>に相当します。

ヘッダー[]

 見出しが付いたセルを作成するには以下の様に定義します。

  ! heading

 これはHTML構文の<th>に相当します。また、このセルにパラメータを指定したい場合には以下の様に指定できます。

  ! params | content

 尚、パイプとパラメータ間には必ず半角スペースを空けてください。

セル[]

 テーブルに基本的なセルを配置する際には以下の様に定義します。なお、HTML構文の<td>に相当します。

  | content

 基本的な使用方法はヘッダーと同様であり、ヘッダーでは!を使用しましたが、それが|(パイプ)になっただけです。セルにパラメータを指定したい場合もヘッダーと同様に以下の様に定義します。

  | params | content

[]

 以上で解説した構文を実際に使用した例を表示します。


      {| class="grey"
      |+ キャプション
      |-
      ! ヘッダー 1
      ! ヘッダー 2
      ! ヘッダー 3
      |-
      | 行 1、列 1
      | 行 1、列 2
      | 行 1、列 3
      |-
      | 行 2、列 1
      | 行 2、列 2
      | 行 2、列 3
      |-
      | colspan="2" | 行 3、列 1-2
      | 行 3、列 3
      |}

 上記での定義で以下の様に表示されます。


キャプション
ヘッダー 1 ヘッダー 2 ヘッダー 3
行 1、列 1 行 1、列 2 行 1、列 3
行 2、列 1 行 2、列 2 行 2、列 3
行 3、列 1-2 行 3、列 3

参照[]