Memory Alpha  概要ポリシーとガイドライン削除方針 → 管理者のための削除指針
Memory Alpha
このページでは、Memory Alphaのポリシーとガイドラインについて記載されています。

MemoryAlphaでの一般的な方針に慣れるためにも、以下の方針を読み通してください。また、質問や提案などについてはノートに投稿してください。

 このページは主として管理者向けの記述です。

 ページ等の削除を実施する際に管理者が守るべき方針について記載しています。

削除実施はいつするか?[ソースを編集]

  1. 十分な議論が行われたかどうかの頃合いを正しく計る
  2. Memory Alphaコミュニティ全体の意思を尊重する
  3. 削除提案が否決された際には削除は実施しない
  4. 削除に対して疑問点が残る際には削除は実施しない

削除議論の判断基準について[ソースを編集]

 wikiシステムは、不特定多数が参加できるシステムであるがゆえに、過半数等の判断基準がありません。それはシステム上の副産物でもあります。また、だれしもが必ず議論に参加しなければならないという制度もないため、議論の最終決定は管理者の判断にゆだねられます。

 従って、管理者はその議論内容を深く吟味し、論理的に妥当であり、公平な判断を下さなければなりません。

基本指針[ソースを編集]

 以下は管理者がページの削除を実施する際に従うべきガイドラインについて記載します。

  1. 記事の削除と、それに付随する「ノート」ページの削除は別個の判断になります。ノートの議事録を別個に保存するかしないかについては、管理者の判断に委ねられますが、その記事を削除するにいたったログを残すという意味で、ノート記事だけを残しておくという方法もあります。
  2. 著作権方針に従う必要があります
  3. ページの復帰方法を知らないのであれば、削除は実施してはいけません

削除の手順[ソースを編集]

 各種運用ルールに従って対応してください。

関連項目[ソースを編集]

参照記事[ソースを編集]

http://memory-alpha.org/en/wiki/Memory_Alpha:Deletion_guidelines_for_administrators

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-NCライセンスの下で利用可能です。