Fandom


ようこそMemory Alpha日本語版へ!

Memory Alpha とは、スタートレックに関するあらゆる情報を網羅した百科事典サイトを作成する共同プロジェクトです。
本国アメリカでは2003年11月にプロジェクトがスタートし、この日本においても2008年1月にプロジェクトがスタートしました。
現在の総記事数は3,107件です。プロジェクト参加・活動中のメンバー数は2名です。
スタートレックとは?→詳細はこちら


Mu-flagBg-flagCa-flagCs-flagDe-flagEo-flagEs-flagFr-flagIt-flagUs-flagJa-flagNl-flagPl-flagPt-flagRo-flagRu-flagSr-flagSv-flagZh-flag

Memory Alpha日本語版参加希望の方へ!

プロジェクト参加希望ですか? - ようこそ!プロジェクト参加にはまずこのプロジェクトについてに進んでください!

今週のスタートレック

Leonard McCoy, 2267

レナード・マッコイ(2268年)

 レナード・マッコイは、USSエンタープライズ及びUSSエンタープライズA医療部長を約27年間勤めあげた23世紀及び24世紀で最も著名な医者である。

 マッコイは宇宙心理学及び外科医として極めて優秀であり、また地球外生物学者としても第一人者であった。彼は2227年に北アメリカ大陸南部で生まれ、2350年代に宇宙艦隊に入隊した。彼が少佐に昇進するまでにウィルス学及び神経学分野の医療技術が飛躍的に進歩した。

 2266年にジェイムズ・T・カーク指揮下のUSSエンタープライズに着任し、前任のDr.マーク・パイパーの後任となった。カークはマッコイに「ボーンズ[1]」というニックネームをつけ、しばしばそう呼んでいた。


  1. Bones:骨の意。古代では外科医をそう呼んだことに由来する
– from Memory Alpha 秀逸な記事編集

MAからのお知らせ

  • Captainbond

    MA日本語版11周年

    2019年1月21日(Captainbondさん)

    Memory Alpha日本語版が2008年に開設されてから、早11年を迎えました。 その間にも新たなスタートレックシリーズが始まったり、これから始まろうとしていたりとまだまだシリーズは続くでしょう。 引き続き日本で最も正確で情報量の多いスタートレック百科事典を目指して邁進できればと思います。

    全文を読む >
  • Captainbond

    新管理者:史魚さん就任

    2015年11月17日(Captainbondさん)

    Memory Alpha:【管理者推薦】史魚氏の管理者推薦動議 20151006の結果をもちまして、新管理者として利用者:史魚さんに就任いただくこととなりました。

    全文を読む >

ニュース from パラマウント日本

Loading RSS data...


今日の“トレック”関連ヒストリー

今日は
2019年 10月
金曜日
10月11日

編集

知っていますか?

There are no DYKs this week. Click here to create some!


more
Geography logo bgcsdeeseofritennlplptrusrsvzh

Wikiaのその他のスタートレック関連サイト

Memory Beta logo


Memory Beta
Star Trek wiki for licensed products

STO


Star Trek Online wiki
Wiki for the MMORPG

Mughom Wiki logo


The Klingon Dictionary
Klingonese wiki based dictionary

Trek Initiative


The Trek Initiative
Where Roddenberry and Wikia meet


Memory Alpha日本語版は、本国版同様にParamount Pictures及び、CBS Studiosによって運営されるサイトではありません。また、スタートレックは、Paramount Picturesの登録商標です。スタートレック及び、それに関連するロゴ等の意匠はすべてCBS Studios, Inc.の登録商標です。
このサイトの著作権は、その他のウィキアのサイトとは異なり、CC-BY-NC(クリエイティブ・コモンズ 表示-非営利 4.0 一般)が適用されます。従って、ウィキペディアの記事や他のウィキアのウィキサイトへMemory Alphaの記事をコピーすること、また逆にそれらからコピーを持ってくることも著作権違反となるので注意してください。

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-NC ライセンスの下で利用可能です。