Fandom


(フォーマット、スタブ)
(r2.7.5) (ロボットによる: sr:Кју континуумを追加)
 
(3人の利用者による、間の5版が非表示)
3行: 3行:
 
[[File:Q junior trial.jpg|thumb|司法ローブ姿のQ達]]
 
[[File:Q junior trial.jpg|thumb|司法ローブ姿のQ達]]
 
[[File:Aldebaran serpent.jpg|thumb|[[アルデバラン蛇]]の姿で現れたQ]]
 
[[File:Aldebaran serpent.jpg|thumb|[[アルデバラン蛇]]の姿で現れたQ]]
 '''Q連続体'''(Q Continuum)は、[[Q(種族)|Q]]として知られる非実体型種族の政府組織である。
+
 '''Q連続体'''(Q Continuum)は、[[Q(種族)|Q]]として知られる非実体型種族の政府組織である。
   
 Qは瞬時にエネルギー転換と瞬間移動を行う能力を持ち、不死身であり全知全能の能力を有する。また、時間も自由に操ることができ、過去も未来も自在に行き来できる。彼らの能力は物理の法則を超越しており[[小惑星]]や[[星]]を動かすことも容易に出来、[[別の時間軸]]を作り出すことも可能であった。しかし、その全知全能の能力を有するQであっても、連続体によってその力を奪われるとすべての能力を失う。(TNG:DEJA Q、{{TNG|運命の分かれ道}}、{{TNG|永遠への旅}})
+
 Qは瞬時にエネルギー転換と瞬間移動を行う能力を持ち、不死身であり全知全能の能力を有する。また、時間も自由に操ることができ、過去も未来も自在に行き来できる。彼らの能力は物理の法則を超越しており[[小惑星]]や[[恒星|星]]を動かすことも容易に出来、[[別の時間軸]]を作り出すことも可能であった。しかし、その全知全能の能力を有するQであっても、連続体によってその力を奪われるとすべての能力を失う。([[TNG:DE JA Q]]、{{TNG|運命の分かれ道}}、{{TNG|永遠への旅}})
   
 
 Qがどのように生まれたのかについては謎に包まれており、彼らの存在は不変であった。([[VOY:レディQ]])
 
 Qがどのように生まれたのかについては謎に包まれており、彼らの存在は不変であった。([[VOY:レディQ]])
11行: 11行:
 
 [[クイン]]や[[アマンダ・ロジャース]]らの一部のQらによると、連続体は非常に厳格なルールに縛られた社会であることが知られている。また、Qは進化の頂点にあると同時に進化の停滞に陥っている。不死の命と全能さ故に彼らの人生は非常に退屈なものになっている。その結果、Qには人生の目標というものが無くなり、クイン(連続体で尊敬を集める哲学者)は全能であるが故に自らの死を望んだことが知られている。しかしながら、Qの死という行為は連続体全体に対して多大な影響と混沌をもたらすとして、連続体は彼が死ぬことを許さなかった。彼の死は連続体に予測不能な重大な影響を与え、その影響こそが連続体の停滞を終わらせるために必要であると彼は主張した。
 
 [[クイン]]や[[アマンダ・ロジャース]]らの一部のQらによると、連続体は非常に厳格なルールに縛られた社会であることが知られている。また、Qは進化の頂点にあると同時に進化の停滞に陥っている。不死の命と全能さ故に彼らの人生は非常に退屈なものになっている。その結果、Qには人生の目標というものが無くなり、クイン(連続体で尊敬を集める哲学者)は全能であるが故に自らの死を望んだことが知られている。しかしながら、Qの死という行為は連続体全体に対して多大な影響と混沌をもたらすとして、連続体は彼が死ぬことを許さなかった。彼の死は連続体に予測不能な重大な影響を与え、その影響こそが連続体の停滞を終わらせるために必要であると彼は主張した。
   
 クインは連続体によって自殺することができないようにと強制的に[[彗星]]に投獄された。その後[[2372年]]に偶然にも[[USSヴォイジャー]]がその彗星から彼を見つけ出し、彼は[[惑星連邦]]に対して政治的保護を要請した。[[キャスリン・ジェインウェイ]][[大佐]]は彼の保護要請を受けるかどうかを審査するための聴聞会を開催し、クインは[[人間]]にも理解しやすいように連続体の象徴的実態をヴォイジャーのクルーらに見せた。そこは、砂漠のハイウェイに沿った古いロードハウスで怠惰に過ごす連続体のメンバーの姿があった。彼らはその能力で宇宙のすべてに行き尽くし、時間の概念がないためすべてが古くすべてが新しいため、議論や会話の議題もなく何の刺激も目的もない人々がただそこにいるだけという世界であった。ここからは何も生まれないと判断したためクインは自らの死を望んだ。しかし、[[Q]]は彼の死が連続体に混沌をもたらすと主張し頑なに彼の死を否定した。しかし、ジェインウェイはクインの亡命を受け入れるという決定を下し、Qもその決定に従った。ジェインウェイはクインをヴォイジャーの新たな人間のクルーとして迎えるが、その翌日にはクインは自らが望んだ通り自殺をした。([[VOY:Q1, Q2]])
+
 クインは連続体によって自殺することができないようにと強制的に[[彗星]]に投獄された。その後[[2372年]]に偶然にも[[USSヴォイジャー]]がその彗星から彼を見つけ出し、彼は[[惑星連邦]]に対して政治的保護を要請した。[[キャスリン・ジェインウェイ]][[大佐]]は彼の保護要請を受けるかどうかを審査するための聴聞会を開催し、クインは[[人間]]にも理解しやすいように連続体の象徴的実態をヴォイジャーのクルーらに見せた。そこは、砂漠のハイウェイに沿った古いロードハウスで怠惰に過ごす連続体のメンバーの姿があった。彼らはその能力で宇宙のすべてに行き尽くし、時間の概念がないためすべてが古くすべてが新しいため、議論や会話の議題もなく何の刺激も目的もない人々がただそこにいるだけという世界であった。ここからは何も生まれないと判断したためクインは自らの死を望んだ。しかし、[[Q]]は彼の死が連続体に混沌をもたらすと主張し頑なに彼の死を否定した。しかし、ジェインウェイはクインの亡命を受け入れるという決定を下し、Qもその決定に従った。ジェインウェイはクインをヴォイジャーの新たな人間のクルーとして迎えるが、その翌日にはクインは自らが望んだ通り自殺をした。([[VOY:Q1Q2]])
   
 クインの自殺の結果、予想通り連続体は混乱に陥り一部のQがクインの思想を受け継ぎ[[Q自由主義運動]]を結成して、従来の保守的なQと対立が始まった。彼らの間には激しい内戦が勃発し、その結果宇宙空間に対しても多大な影響をもたらした。その影響の一つに多くの恒星が超新星化するというものであった。そこで、Qは連続体全体を生まれ変わらせるためにジェインウェイとの間に子供を作り新種のQを生み出すという方法を考えた。ジェインウェイらの介入により停戦が成立し、彼女の勧めもありQと[[Q(女性)|女性のQ]]が連続体史上初めて子供をもうけることになった。これにより空間への影響は収まり再びQたちは全能の力を手に入れた。([[VOY:レディQ]])
+
 クインの自殺の結果、予想通り連続体は混乱に陥り一部のがクインの思想を受け継ぎ[[Q自由主義運動]]を結成して、従来の保守的なQと対立が始まった。彼らの間には激しい内戦が勃発し、その結果宇宙空間に対しても多大な影響をもたらした。その影響の一つに多くの恒星が超新星化するというものであった。そこで、Qは連続体全体を生まれ変わらせるためにジェインウェイとの間に子供を作り新種のQを生み出すという方法を考えた。ジェインウェイらの介入により停戦が成立し、彼女の勧めもありQと[[Q(女性)|女性のQ]]が連続体史上初めて子供をもうけることになった。これにより空間への影響は収まり再びQたちは全能の力を手に入れた。([[VOY:レディQ]])
 
{{stub}}
 
{{stub}}
 
<!--
 
<!--
32行: 32行:
 
*[[ウィリアム・T・ライカー]](一時的にQの力を与えられた)
 
*[[ウィリアム・T・ライカー]](一時的にQの力を与えられた)
 
*[[アマンダ・ロジャース]]
 
*[[アマンダ・ロジャース]]
 
[[de:Q-Kontinuum]]
 
[[fr:Continuum Q]]
 
[[it:Q Continuum]]
 
[[ja:Q連続体]]
 
[[ru:Кью Континуум]]
 
   
   
  +
[[category:Q連続体]]
  +
[[Category:政府]]
   
 
[[de:Q-Kontinuum]]
 
[[de:Q-Kontinuum]]
46行: 42行:
 
[[it:Q Continuum]]
 
[[it:Q Continuum]]
 
[[ru:Кью Континуум]]
 
[[ru:Кью Континуум]]
[[category:Q連続体]]
+
[[sr:Кју континуум]]
[[Category:政府]]
 

2014年6月7日 (土) 02:03に更新

Q Continuum as an empty road

人間が認知できるように表現されたQ連続体の姿

Q Continuum ranch house

Q連続体の象徴

Q junior trial

司法ローブ姿のQ達

Aldebaran serpent

アルデバラン蛇の姿で現れたQ

 Q連続体(Q Continuum)は、Qとして知られる非実体型種族の政府組織である。

 Qは瞬時にエネルギー転換と瞬間移動を行う能力を持ち、不死身であり全知全能の能力を有する。また、時間も自由に操ることができ、過去も未来も自在に行き来できる。彼らの能力は物理の法則を超越しており小惑星を動かすことも容易に出来、別の時間軸を作り出すことも可能であった。しかし、その全知全能の能力を有するQであっても、連続体によってその力を奪われるとすべての能力を失う。(TNG:DE JA QTNG: 運命の分かれ道TNG: 永遠への旅

 Qがどのように生まれたのかについては謎に包まれており、彼らの存在は不変であった。(VOY:レディQ

 クインアマンダ・ロジャースらの一部のQらによると、連続体は非常に厳格なルールに縛られた社会であることが知られている。また、Qは進化の頂点にあると同時に進化の停滞に陥っている。不死の命と全能さ故に彼らの人生は非常に退屈なものになっている。その結果、Qには人生の目標というものが無くなり、クイン(連続体で尊敬を集める哲学者)は全能であるが故に自らの死を望んだことが知られている。しかしながら、Qの死という行為は連続体全体に対して多大な影響と混沌をもたらすとして、連続体は彼が死ぬことを許さなかった。彼の死は連続体に予測不能な重大な影響を与え、その影響こそが連続体の停滞を終わらせるために必要であると彼は主張した。

 クインは連続体によって自殺することができないようにと強制的に彗星に投獄された。その後2372年に偶然にもUSSヴォイジャーがその彗星から彼を見つけ出し、彼は惑星連邦に対して政治的保護を要請した。キャスリン・ジェインウェイ大佐は彼の保護要請を受けるかどうかを審査するための聴聞会を開催し、クインは人間にも理解しやすいように連続体の象徴的実態をヴォイジャーのクルーらに見せた。そこは、砂漠のハイウェイに沿った古いロードハウスで怠惰に過ごす連続体のメンバーの姿があった。彼らはその能力で宇宙のすべてに行き尽くし、時間の概念がないためすべてが古くすべてが新しいため、議論や会話の議題もなく何の刺激も目的もない人々がただそこにいるだけという世界であった。ここからは何も生まれないと判断したためクインは自らの死を望んだ。しかし、は彼の死が連続体に混沌をもたらすと主張し頑なに彼の死を否定した。しかし、ジェインウェイはクインの亡命を受け入れるという決定を下し、Qもその決定に従った。ジェインウェイはクインをヴォイジャーの新たな人間のクルーとして迎えるが、その翌日にはクインは自らが望んだ通り自殺をした。(VOY:Q1、Q2

 クインの自殺の結果、予想通り連続体は混乱に陥り一部のQがクインの思想を受け継ぎQ自由主義運動を結成して、従来の保守的なQと対立が始まった。彼らの間には激しい内戦が勃発し、その結果宇宙空間に対しても多大な影響をもたらした。その影響の一つに多くの恒星が超新星化するというものであった。そこで、Qは連続体全体を生まれ変わらせるためにジェインウェイとの間に子供を作り新種のQを生み出すという方法を考えた。ジェインウェイらの介入により停戦が成立し、彼女の勧めもありQと女性のQが連続体史上初めて子供をもうけることになった。これにより空間への影響は収まり再びQたちは全能の力を手に入れた。(VOY:レディQ

Jean-Luc Picard, 2364 この記事は書きかけだ。是非とも、この記事に加筆してみて欲しい。記事を書く際は、画面上部の「編集」をクリックするように。


Q連続体のメンバー編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-NC ライセンスの下で利用可能です。