FANDOM


 SSゾザ(SS Xhosa)は23世紀ルナ造船所で建造されたアンタレス級貨物船である。24世紀後期にはキャシディ・イエイツ船長を務めていた。

 ゾザに搭載された装備は、24世紀後半としては時代遅れとなっていた。例えばマークV転送装置は不安定な生体物質を転送するには不向きなため、クルーが反重力そりを使用して船内に運び入れなければならなかった。(DS9: クワークの母

活動記録 編集

 2371年、ゾザの運用主体はペタリアンであった。(DS9: クワークの母) 宇宙暦48960.9、ゾザはソレイス5号星デュリディウム鉱石を輸送し、ディープ・スペース・9にはその翌月に戻る予定だった。(DS9: 忍び寄る可変種の脅威

Jean-Luc Picard, 2364 この記事は書きかけだ。是非とも、この記事に加筆してみて欲しい。記事を書く際は、画面上部の「編集」をクリックするように。


参照 編集

背景編集

 "Xhosa" という名前は南アフリカに固有の民族であるコサ(Xhosa)に由来している。しかし英語にない発音を含むせいか、一貫して「ゾザ」ないし「ゾーザ」のような本来とは大きく異なる発音で呼ばれている。

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-NC ライセンスの下で利用可能です。